ロヴァチ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロヴァチ川
ロヴァチ川
ロヴァチ川
延長 530 km
水源の標高 -- m
平均流量 105 /s
流域面積 21,900 km²
水源 ロヴァテツ湖
河口・合流先 イリメニ湖
流域 ベラルーシロシア
テンプレートを表示

ロヴァチ川ロシア語: Ло́вать, ラテン文字表記: Lovat, ベラルーシ語: Ловаць)は、ベラルーシロシアを流れる河川である。ベラルーシ北西部ヴィーツェプスク州のロシアとの国境付近にある標高170mのロヴァテツ湖(Ловатец)から出て、カーブを描きながらロシア領に入り北東に向きを変えヴァルダイ丘陵を抜け、プスコフ州ノヴゴロド州を経てイリメニ湖の南東に入る。湖に入る付近では深さ4m、幅300mほどの大きさとなり、ポーラ川など他の流入河川とともに内陸デルタを形成する。ロヴァチ川は11月末から1月初頭ごろには凍結し、3月から4月ごろに氷が溶けて雪解け水などを集めて増水する。

主な支流にはクーニャ川ポリスチ川ロシア語版英語版Полисть)、レディヤ川ロシア語版英語版Редья)などがある。ロヴァチ川沿いの主な都市にはヴェリーキエ・ルーキВели́кие Лу́ки)、ホルムХолм)などがある。

ロヴァチ川は河口から70km上流までは航行可能であるが、定期的な運航はなされていない。しかし中世以前は、バルト海スカンジナビアからビザンチン帝国への交易路がロヴァチ川を通っていた。毛皮などの交易品を運ぶ人々はネヴァ川ラドガ湖ヴォルホフ川・イリメニ湖を経てロヴァチ川を遡り(連水陸路ロシア語版英語版)、途中から船と荷物を持って丘を越えて歩き、ドニエプル川水系の上流でまた船を浮かべていた。