ロンドン・シンフォニエッタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロンドン・シンフォニエッタ(London Sinfonietta)は、イギリスロンドンに本拠を置く室内オーケストラである。

1968年デイヴィッド・アサートンにより設立された。当初より現代音楽を主として演奏することを目的としている。初代音楽監督は創設者のアサートンが務め、以降エルガー・ハワースポール・クロスリーマルク・シュテンツオリヴァー・ナッセン(現桂冠指揮者)らが音楽監督を務めた。現在音楽監督などは置かれていない模様である。

レコーディングは20世紀・現代音楽がほとんどであり、アサートン指揮でシェーンベルクの室内合奏曲・管弦楽付声楽作品全集、エサ=ペッカ・サロネン指揮でストラヴィンスキー作品集、ナッセン指揮で武満徹作品集、デイヴィッド・ジンマン指揮でグレツキ交響曲第3番「悲歌のシンフォニー」などがある。

外部リンク[編集]