ロンドンオリンピック (2012年) における陸上競技・男子100m

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロンドンオリンピック (2012年)
男子100m
London Olympic Stadium Interior - April 2012.jpg
会場 オリンピックスタジアム
開催日 8月4日5日
スコア 9秒63
メダリスト
金メダル   ジャマイカ ジャマイカ
銀メダル   ジャマイカ ジャマイカ
銅メダル   アメリカ合衆国 アメリカ合衆国
«2008北京 2016リオデジャネイロ»
ロンドンオリンピックでのウサイン・ボルト

2012年ロンドンオリンピックにおける陸上競技の男子100m8月4日から5日にかけてイギリスロンドンオリンピックスタジアムで開催された[1]。本競技は予備予選、予選、1組8人×3組で争われる準決勝、準決勝を通過した8人の出場による決勝の4段階から構成された[2]

ロンドンオリンピックに至るまで、前回北京オリンピック世界記録を樹立したウサイン・ボルトがスター選手であった[3]。北京オリンピックでは勝利の後のパフォーマンスでも注目された[4]。ボルトに対する賞賛はより真剣な競技姿勢で臨んだ第12回世界陸上ドイツベルリン)まで続いた[5]。しかし、次の第13回世界陸上韓国大邱)ではフライングによりボルトは失格となり、ともに練習してきたヨハン・ブレークが優勝した。そして2012年ジャマイカのオリンピック選考会でもブレークはボルトに勝利した[6]

準決勝第1組に出場したジャスティン・ガトリンは準決勝の最速記録である9秒82で通過し、かつての記録保持者であるアサファ・パウエルを下した。さらにパウエルは9秒91をマークしたチュランディ・マルティナにも敗れて9秒94で3位となり、記録により決勝進出を決めた。同組を走ったスワイボウ・サネー(Suwaibou Sanneh)は前日に続いてガンビアの国内記録を更新する10秒18を記録した。第2組には前回覇者で世界記録保持者のウサイン・ボルトが9秒87で軽く通過、ライアン・ベイリー(Ryan Bailey)が9秒96で2位となった。第3組では9秒85でヨハン・ブレークが9秒90のタイソン・ゲイを交わした。この結果、9秒94のパウエルと10秒02のリチャード・トンプソンがタイムにより決勝進出を決めた[7]

期待された決勝ではガトリンが1番にスターティングブロックを飛び出したが、50mを過ぎたところでボルトが他の競技者全員を抜き去り、100mで金メダルを獲得した。ブレークもガトリンを破り、ガトリンはゴールラインでゲイをかわした。

ボルトはカール・ルイス以来史上2人目の2連覇を9秒63をマークして成し遂げ、自身が北京オリンピックでマークしたオリンピック記録を更新した。 また、ボルトにとって2番目に良い記録となった。ボルトのジャマイカのチームメイトであるブレークは9秒75で銀メダル、かつての世界記録保持者でオリンピック覇者のガトリンが9秒79で銅メダルを獲得した。このレースでは、史上初めて3位までが9秒80以内にゴールし、初めて5位までが9秒90以内にゴール、初めて4位までが全員100mの優勝経験を持っており、8人中7人が10秒以内に走り切るという数々の記録を達成した。60mまでは順調だったが、そこで負傷したパウエルは唯一10秒を切れず、11秒99であった。繰り返しになるが、パウエルを除き100m決勝の記録としては史上最速であった[8]

記録[編集]

ロンドンオリンピック開幕までの世界記録は以下の通りであった。

WR 世界記録 | AR エリア記録 | CR 選手権記録 | GR 大会記録 | NR 国家記録 | OR オリンピック記録 | PB 自己ベスト | SB シーズンベスト | WL 世界最高(当該シーズン中)

WR  ウサイン・ボルト (ジャマイカ) 9秒58 ドイツベルリン 2009年8月16日
OR 9秒69 中国北京 2008年8月16日
WL  ヨハン・ブレーク (ジャマイカ) 9秒75 ジャマイカキングストン 2012年6月30日

本大会において、以下の記録が更新された。

種別 選手 記録 備考
8月5日 決勝 ジャマイカ ウサイン・ボルト (JAM) 9秒63 OR

競技日程[編集]

※時刻はすべて英国夏時間UTC+1

2012年8月4日土曜日 10:00
12:30
予備予選
予選
2012年8月5日日曜日 19:45
21:50
準決勝
決勝

競技結果[編集]

予備予選[編集]

予備予選通過基準:各組上位2着(Q)及び記録上位2名(q)[9]

WR 世界記録 | AR エリア記録 | CR 選手権記録 | GR 大会記録 | NR 国家記録 | OR オリンピック記録 | PB 自己ベスト | SB シーズンベスト | WL 世界最高(当該シーズン中)

1組[編集]

順位 選手 国籍 反応時間 記録 備考
1 Artur Bruno Rojas ボリビア ボリビア 0.162 10.62 Q
2 Devilert Arsene Kimbembe コンゴ共和国 コンゴ共和国 0.143 10.68 Q, SB
3 ホルダー・ダ・シルバ ギニアビサウ ギニアビサウ 0.168 10.69 q, SB
4 Joseph Andy Lui トンガ トンガ 0.184 11.17
5 Mohan Khan バングラデシュ バングラデシュ 0.149 11.25 PB
6 Kilakone Siphonexay ラオス ラオス 0.174 11.30
7 Christopher Lima da Costa サントメ・プリンシペ サントメ・プリンシペ 0.195 11.56 PB
風 +0.9 m/s

2組[編集]

順位 選手 国籍 反応時間 記録 備考
1 ユルゲン・テーメン(Jurgen Themen スリナム スリナム 0.158 10.55 Q
2 Fernando Lumain インドネシア インドネシア 0.155 10.80 Q, SB
3 ウィルフリード・ビンガンゴイ(Wilfried Bingangoye ガボン ガボン 0.239 10.89
4 Liaquat Ali パキスタン パキスタン 0.169 10.90
5 Rodman Teltull パラオ パラオ 0.171 11.06 PB
6 Tavevele Noa ツバル ツバル 0.180 11.55
7 Timi Garstang マーシャル諸島 マーシャル諸島 0.162 12.81
風 +0.9 m/s

3組[編集]

順位 選手 国籍 反応時間 記録 備考
1 Béranger Aymard Bosse 中央アフリカ 中央アフリカ 0.162 10.55 Q
2 Yeo Foo Ee Gary シンガポール シンガポール 0.159 10.57 Q, PB
3 Azneem Ahmed モルディブ モルディブ 0.153 10.79 q, NR
4 J'maal Alexander イギリス領ヴァージン諸島 イギリス領ヴァージン諸島 0.163 10.92
5 John Howard ミクロネシア連邦 ミクロネシア連邦 0.203 11.05
6 クリスメケ・ワラシ(Chris Walasi ソロモン諸島 ソロモン諸島 0.164 11.42
7 Elama Fa’atonu アメリカ領サモア アメリカ領サモア 0.170 11.48 PB
風 +1.7 m/s

4組[編集]

順位 選手 国籍 反応時間 記録 備考
1 Gérard Kobéané ブルキナファソ ブルキナファソ 0.194 10.42 Q, SB
2 Fabrice Coiffic モーリシャス モーリシャス 0.149 10.62 Q
3 Courtney Carl Williams セントビンセント・グレナディーン セントビンセント・グレナディーン 0.164 10.80 PB
4 Rachid Chouhal マルタ マルタ 0.160 10.83 SB
5 Tilak Ram Tharu ネパール ネパール 0.156 10.85 PB
6 Masoud Azizi アフガニスタン アフガニスタン 0.167 11.19
7 Nooa Takooa キリバス キリバス 0.155 11.53 PB
8 Patrick Tuara クック諸島 クック諸島 0.165 11.72
風 +0.5 m/s

予選[編集]

予選通過基準:各組上位3着(Q)及び記録上位3名(q)[10]

WR 世界記録 | AR エリア記録 | CR 選手権記録 | GR 大会記録 | NR 国家記録 | OR オリンピック記録 | PB 自己ベスト | SB シーズンベスト | WL 世界最高(当該シーズン中) | DNF 途中棄権 | DNS 棄権

1組[編集]

順位 レーン 選手 国籍 反応時間 記録 備考 予選通過
1 6 タイソン・ゲイ アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 0.147 10.08 Q
2 5 リチャード・トンプソン トリニダード・トバゴ トリニダード・トバゴ 0.151 10.14 Q
3 7 Gerald Phiri ザンビア ザンビア 0.147 10.16 SB Q
4 3 ジェイスマ・サイディ・ンドゥレ ノルウェー ノルウェー 0.166 10.28
5 4 アンヘルダビド・ロドリゲス(Angel David Rodriguez スペイン スペイン 0.168 10.34
6 2 ユルゲン・テーメン スリナム スリナム 0.169 10.53
7 5 Isidro Montoya コロンビア コロンビア 0.165 10.54
8 1 Yeo Foo Ee Gary シンガポール シンガポール 0.144 10.69
風 −1.4 m/s

2組[編集]

順位 レーン 選手 国籍 反応時間 記録 備考 予選通過
1 4 ジャスティン・ガトリン アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 0.200 9.97 Q
2 6 デリック・アトキンス バハマ バハマ 0.179 10.22 Q
3 5 ロンデル・ソリーリョ(Rondel Sorrillo トリニダード・トバゴ トリニダード・トバゴ 0.148 10.23 Q
4 8 Dariusz Kuc ポーランド ポーランド 0.163 10.24
5 9 Nilson Andre ブラジル ブラジル 0.172 10.26 SB
6 7 江里口匡史 日本 日本 0.144 10.30
7 3 バラカト・アル=ハルティ オマーン オマーン 0.152 10.41
8 2 Fernando Lumain インドネシア インドネシア 0.162 10.90
風 +0.7 m/s

3組[編集]

順位 レーン 選手 国籍 反応時間 記録 備考 予選通過
1 6 ライアン・ベイリー アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 0.177 9.88 PB Q
2 7 ベン=ユスフ・メイテ コートジボワール コートジボワール 0.174 10.06 NR Q
3 5 Justyn Warner カナダ カナダ 0.149 10.09 PB Q
4 3 Kemar Hyman ケイマン諸島 ケイマン諸島 0.150 10.16 q
5 8 スワイボウ・サネー ガンビア ガンビア 0.176 10.21 NR q
6 4 リーティス・サカラウカス リトアニア リトアニア 0.178 10.29
7 1 Berenger Aymard Bosse 中央アフリカ 中央アフリカ 0.170 10.55
8 2 Artur Bruno Rojas ボリビア ボリビア 0.154 10.65
風 +1.5 m/s

4組[編集]

順位 レーン 選手 国籍 反応時間 記録 備考 予選通過
1 6 ウサイン・ボルト ジャマイカ ジャマイカ 0.178 10.08 Q
2 4 ダニエル・ベイリー アンティグア・バーブーダ アンティグア・バーブーダ 0.162 10.12 Q
3 5 ジェームズ・ダサオル(James Dasaolu イギリス イギリス 0.174 10.13 Q
4 2 アムル・イブラヒム・ムスタファ・サウード(Amr Ibrahim Mostafa Seoud エジプト エジプト 0.164 10.22
5 3 Jason Rogers セントクリストファー・ネイビス セントクリストファー・ネイビス 0.177 10.30
6 7 Ohgo-Oghene Egwero ナイジェリア ナイジェリア 0.174 10.38
7 1 ホルダー・ダ・シルバ ギニアビサウ ギニアビサウ 0.182 10.71
N/A 8 Idrissa Adam カメルーン カメルーン 0.206 N/A DNF
風 +0.4 m/s

5組[編集]

順位 レーン 選手 国籍 反応時間 記録 備考 予選通過
1 6 アサファ・パウエル ジャマイカ ジャマイカ 0.166 10.04 Q
2 3 Adam Gemili イギリス イギリス 0.156 10.11 Q
3 5 チュランディ・マルティナ オランダ オランダ 0.168 10.20 Q
4 8 レザ・ガセミ イラン イラン 0.148 10.31
5 4 オビナ・メトゥ(Obinna Metu ナイジェリア ナイジェリア 0.153 10.35
6 7 ラモン・ギテンス バルバドス バルバドス 0.162 10.35
7 1 Paul Williams グレナダ グレナダ 0.168 10.65
8 2 Devilert Arsene Kimbembe コンゴ共和国 コンゴ共和国 0.157 10.94
風 0.0 m/s

6組[編集]

順位 レーン 選手 国籍 反応時間 記録 備考 予選通過
1 4 ヨハン・ブレーク ジャマイカ ジャマイカ 0.175 10.00 Q
2 6 山縣亮太 日本 日本 0.149 10.07 PB Q
3 2 蘇炳添 中国 中国 0.162 10.19 SB Q
4 5 Antoine Adams セントクリストファー・ネイビス セントクリストファー・ネイビス 0.154 10.22 q
5 8 Peter Emelieze ナイジェリア ナイジェリア 0.153 10.22 SB
6 7 Jeremy Bascom ガイアナ ガイアナ 0.135 10.31
7 3 マレク・ニート(Marek Niit エストニア エストニア 0.158 10.40
8 1 Azneem Ahmed モルディブ モルディブ 0.157 10.84
風 +1.3 m/s

7組[編集]

順位 レーン 選手 国籍 反応時間 記録 備考 予選通過
1 8 ドウェイン・チェンバース イギリス イギリス 0.157 10.02 SB Q
2 5 ジミー・ビコ(Jimmy Vicaut フランス フランス 0.196 10.11 SB Q
3 4 キーストン・ブレドマン(Keston Bledman トリニダード・トバゴ トリニダード・トバゴ 0.195 10.13 Q
4 6 Warren Fraser バハマ バハマ 0.171 10.27
5 7 Miguel López プエルトリコ プエルトリコ 0.145 10.31
6 1 Gérard Kobéané ブルキナファソ ブルキナファソ 0.186 10.48
7 2 Fabrice Coiffic モーリシャス モーリシャス 0.165 10.59
N/A 3 キム・コリンズ セントクリストファー・ネイビス セントクリストファー・ネイビス N/A N/A DNS
風 +2.0 m/s

準決勝[編集]

準決勝通過基準:各組上位2着(Q)及び記録上位2名(q)[11]

WR 世界記録 | AR エリア記録 | CR 選手権記録 | GR 大会記録 | NR 国家記録 | OR オリンピック記録 | PB 自己ベスト | SB シーズンベスト | WL 世界最高(当該シーズン中) | DNS 棄権

1組[編集]

順位 レーン 選手 国籍 反応時間 記録 備考 予選通過
1 7 ジャスティン・ガトリン アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 0.187 9.82 Q
2 2 チュランディ・マルティナ オランダ オランダ 0.148 9.91 NR Q
3 4 アサファ・パウエル ジャマイカ ジャマイカ 0.155 9.94 q
4 8 キーストン・ブレドマン トリニダード・トバゴ トリニダード・トバゴ 0.175 10.04
5 6 ベン=ユスフ・メイテ コートジボワール コートジボワール 0.163 10.13
6 5 ジミー・ビコ フランス フランス 0.203 10.16
7 9 ジェームズ・ダサオル イギリス イギリス 0.174 10.18
8 3 スワイボウ・サネー ガンビア ガンビア 0.175 10.18 NR
風 +0.7 m/s

2組[編集]

順位 レーン 選手 国籍 反応時間 記録 備考 予選通過
1 4 ウサイン・ボルト ジャマイカ ジャマイカ 0.180 9.87 Q
2 6 ライアン・ベリー アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 0.155 9.96 Q
3 8 リチャード・トンプソン トリニダード・トバゴ トリニダード・トバゴ 0.158 10.02 q
4 5 ドウェイン・チェンバース イギリス イギリス 0.154 10.05
5 9 Gerald Phiri ザンビア ザンビア 0.165 10.11 SB
6 7 ダニエル・ベイリー アンティグア・バーブーダ アンティグア・バーブーダ 0.142 10.16
7 2 Antoine Adams セントクリストファー・ネイビス セントクリストファー・ネイビス 0.159 10.27
8 3 蘇炳添 中国 中国 0.157 10.28
風 +1.0 m/s

3組[編集]

順位 レーン 選手 国籍 反応時間 記録 備考 予選通過
1 6 ヨハン・ブレーク ジャマイカ ジャマイカ 0.176 9.85 Q
2 4 タイソン・ゲイ アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 0.151 9.90 Q
3 7 Adam Gemili イギリス イギリス 0.158 10.06
4 8 デリック・アトキンス バハマ バハマ 0.164 10.08 SB
5 9 Justyn Warner カナダ カナダ 0.135 10.09 PB
6 5 山縣亮太 日本 日本 0.158 10.10
7 3 ロンデル・ソリーリョ トリニダード・トバゴ トリニダード・トバゴ 0.140 10.31
N/A 2 Kemar Hyman ケイマン諸島 ケイマン諸島 N/A N/A DNS
風 +1.7 m/s

決勝[編集]

決勝のスタート前
"Set."(「用意」)と言われた瞬間
スタート直後

WR 世界記録 | AR エリア記録 | CR 選手権記録 | GR 大会記録 | NR 国家記録 | OR オリンピック記録 | PB 自己ベスト | SB シーズンベスト | WL 世界最高(当該シーズン中)

順位 レーン 選手 国籍 反応時間 記録 備考 予選通過
1位 7 ウサイン・ボルト ジャマイカ ジャマイカ 0.165 9.63 OR
2位 5 ヨハン・ブレーク ジャマイカ ジャマイカ 0.179 9.75 =PB
3位 6 ジャスティン・ガトリン アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 0.178 9.79 PB
4 4 タイソン・ゲイ アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 0.145 9.80 SB
5 8 ライアン・ベリー アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 0.176 9.88 =PB
6 9 チュランディ・マルティナ オランダ オランダ 0.139 9.94
7 2 リチャード・トンプソン トリニダード・トバゴ トリニダード・トバゴ 0.160 9.98
8 3 アサファ・パウエル ジャマイカ ジャマイカ 0.155 11.99
風 +1.5 m/s

事件[編集]

決勝において1人の男が、選手が「用意」(set)の姿勢をとっている最中にペットボトルを投げ込んだ[12]。ペットボトルはブレークのすぐ後ろに落ちたが、競技はそのまま続行された[13]。男は、決勝を観戦していた柔道女子70kg級の銅メダリストエディス・ボッシュに取り押さえられ、逮捕された[14]。ボッシュによると男はボルトに対して侮辱する言葉を発し、その時ボルトは気付かなかったが、「暴力には賛成できないし、それを聞いて残念に思う」とコメントした[12]

脚注[編集]

  1. ^ Athletics at the 2012 Summer Olympics”. Official site of the London 2012 Olympic and Paralympic Games. 2012年8月9日閲覧。
  2. ^ 100m competition format”. London 2012 Organising Committee. 2012年6月12日閲覧。
  3. ^ Usain Bolt, Yohan Blake Aim To Win 100 Meters, Add To Jamaica's Olympic Gold Tally”. Huffingtonpost.com (1962年8月5日). 2012年8月7日閲覧。
  4. ^ Usain Bolt wins men's 100m Olympic final in 9.63 seconds to seal legacy”. Telegraph (2011年5月31日). 2012年8月7日閲覧。
  5. ^ Clarey, Christopher (2009年8月21日). “Usain Bolt - The New York Times”. Topics.nytimes.com. 2012年8月7日閲覧。
  6. ^ 2012 Olympics Games - Yohan Blake beats Usain Bolt in 100 meters at Jamaican trials - ESPN”. Espn.go.com (2012年6月30日). 2012年8月7日閲覧。
  7. ^ 陸上ロンドン五輪 男子100m - テキスト速報”. Yahoo!Japan. 2012年8月9日閲覧。
  8. ^ 0 Toplists 100 m - o”. iaaf.org. 2012年8月7日閲覧。
  9. ^ Men's 100m - Preliminaries”. London 2012 Organising Committee. 2012年8月3日閲覧。
  10. ^ Men's 100m - Round 1”. London 2012 Organising Committee. 2012年8月3日閲覧。
  11. ^ Men's 100m - Semifinals”. London 2012 Organising Committee. 2012年8月4日閲覧。
  12. ^ a b ボルトにボトル投げた男逮捕、五輪100m決勝スタート時に”. Thomson Reuters (2012年8月6日). 2012年8月9日閲覧。
  13. ^ 100m決勝 ペットボトル投げ入れる”. 日本放送協会 (2012年8月6日). 2012年8月9日閲覧。
  14. ^ Ward, Victoria (2012年8月5日). “Spectator arrested after bottle thrown at 100m final”. The Telegraph. 2012年8月6日閲覧。