ロンドンの煙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロンドンの煙
Fumo Di Londra
監督 アルベルト・ソルディ
脚本 アルベルト・ソルディ
セルジオ・アミディ
音楽 ピエロ・ピッチオーニ
撮影 ベニート・フラッタリ
編集 アントニエッタ・ジータ
上映時間 122分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

ロンドンの煙』(Fumo Di Londra)は、1966年イタリア映画である。日本未公開。


概要[編集]

イタリアコメディアンアルベルト・ソルディが主演のみならず、監督、脚本の3役をこなした初の自作自演作品であり、 英国かぶれのイタリア男が黒の山高帽とステッキという英国紳士の出立ちでスウィンキング・ロンドン真っただ中のロンドンに行って起こす騒動を描いたコメディー

映画そのものは日本では劇場未公開ではあるが、この作品のサントラはピエロ・ピッチオーニによる『ミスター・ダンテ・フォンタナ』が90年代の後半に一部のクラブで取り上げられた。

内容[編集]

ダンテ・フォンタナ(ソルディ)は英国かぶれの我こそは英国紳士と思っている男。そこでダンテは紳士の本場英国に乗り込もうとロンドンに行くが、そこはスウィッキングロンドン真っただ中であり、若者文化が幅を効かせていた。ダンテは本場の紳士になろうとするが・・・。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

  • アルベルト・ソルディ:ダンテ・フォンタナ
  • フィオナ・ルイス:エリザベス
  • クララ・バンディ
  • マイケル・トラブショー
  • マッシモ・フィオッチ

外部リンク[編集]