ロンズデール伯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロンズデール伯爵ロンズデイル伯爵; : Earl of Lonsdale)は、イギリス伯爵位。これまでに2度創設されており、1784年に創設されたときはグレートブリテン貴族1807年に創設されたときは連合王国貴族である。いずれもラウザー家(Lowther; ローサー家)の人物が保持している。

中世より1937年まで、ラウザー家はカンブリアウェストモーランドWestmorland)のラウザー城Lowther Castle; ローサー城)を邸宅としていた。

歴史[編集]

ラウザー家は、西部国境警備責任者Lord Warden of the West Marches)を務めたサー・リチャード・ラウザー(1529年 - 1607年)の子孫である。サー・リチャードの曾孫であるサー・ジョン・ラウザー英語版ウェストモーランド選出庶民院議員となった人物で、1638年頃にチャールズ2世から準男爵(カウンティ・オヴ・ウェストモーランドにおけるラウザーの; Baronet, of Lowther in the County of Westmorlandノバスコシア準男爵英語版)の称号を与えられた。

初代ロンズデール子爵ジョン・ラウザーイアサント・リゴー

サー・ジョン・ラウザー初代準男爵の長男であるジョン英語版は早世したため、その長男で初代準男爵の孫にあたるジョン英語版が第2代準男爵となった。彼はウィリアム3世の下で第一大蔵卿王璽尚書を務めた政治家で、1696年ラウザー男爵Baron Lowther)およびロンズデール子爵Viscount Lonsdale; ともにイングランド貴族)に叙された。

初代ロンズデール子爵が死去すると長男のリチャード英語版が、次いで次男のヘンリー英語版が襲爵した。 第3代ロンズデール子爵ヘンリーはハノーヴァー朝初期の廷臣で、ジョージ1世Lord of the Bedchamberとなったほか、ウォルポール内閣で一時王璽尚書を務めた。未婚であった彼の死によりロンズデール子爵は断絶したが、準男爵位や資産は又従弟(初代準男爵の次男の孫)のジェイムズ英語版が相続した。

第5代準男爵となったサー・ジェイムズは1784年に、カウンティ・オヴ・ウェストモーランドにおけるラウザーのラウザー男爵Baron Lowther, of Lowther in the County of Westmorland)、カウンティ・オヴ・ウェストモーランドにおけるケンダル男爵(Baron of the Barony of Kendal in the County of Westmorland)、カウンティ・オヴ・カンバーランドにおけるバラ男爵(Baron of the Barony of Burgh in the County of Cumberland)、ロンズデール子爵Viscount Lonsdale)、ラウザー子爵Viscount Lowther)およびロンズデール伯爵Earl of Lonsdale、いずれもグレートブリテン貴族)に叙された[1]。しかし彼には子が生まれず爵位が一代で断絶することが予想されたため、1797年に加えて上述の初代準男爵の兄弟の玄孫であるサー・ウィリアム・ラウザー第2代準男爵英語版を相続人とするspecial remainder付きでカウンティ・オヴ・カンバーランドにおけるホワイトヘイヴンのラウザー男爵Baron Lowther, of Whitehaven in the County of Cumberland)およびカウンティ・オヴ・カンバーランドにおけるホワイトヘイヴンのラウザー子爵Viscount Lowther, of Whitehaven in the County of Cumberland)に叙された[2]

初代ロンズデール伯爵ウィリアム・ラウザー

1802年に初代ロンズデール伯爵ジェイムズは死去し、準男爵や1784年創設の爵位は断絶したが、ラウザー子爵はspecial remainderに従って、トーリー党所属庶民院議員を務めていたサー・ウィリアムが相続した。彼は1807年にカウンティ・オヴ・ウェストモーランドにおけるロンズデール伯爵Earl of Lonsdale, in the County of Westmorland連合王国貴族)に叙され[3]、ロンズデール伯爵が再興された。なお同年にガーター勲章も授けられている。

初代ロンズデール伯爵の長男であるウィリアム英語版もトーリー党の政治家であった。彼は逓信公社総裁(Postmaster General)を務めていた1844年に父親の死去によって襲爵し、第1次ダービー内閣英語版では枢密院議長(Lord President of the Council)として入閣した。

第3代ロンズデール伯爵ヘンリー・ラウザー

2代伯は生涯結婚しなかったため、伯位は英語版の長男であるヘンリー英語版が相続した。

3代伯が死去すると長男のセント・ジョージ英語版、次男のヒュー、四男のランスロット英語版が順に襲爵した。5代伯ヒューはスポーツ愛好家として知られ、ボクシングサッカーモータースポーツといった様々なスポーツの協会設立や運営に関わった。ボクシングではナショナル・スポーツ・クラブNational Sporting Club)を設立して初代会長となったほか、ロンズデールベルト英語版を寄贈し、1996年に国際ボクシング名誉の殿堂博物館に殿堂入りした。モータースポーツではイギリス自動車協会The Automobile Association; AA)を設立して初代会長を務め、AAは彼の好んだ色である黄色をイメージカラーとしている。またファッションブランドのロンズデール英語版葉巻きたばこの「ロンズデールサイズ」も彼に由来する。しかしこの5代伯の散財により、6代伯ランスロットはラウザー城をオークションに掛けざるを得なくなった。

6代伯の長男であるアントニー英語版は早世したため、その長男のジェイムズ英語版が7代伯となった。2010年現在のロンズデール伯爵は7代伯の唯一の男子であるヒュー英語版で、2006年に襲爵した。8代伯は精子提供を受けた人工授精による子を養子としているが、彼には伯位の継承権がない。このため8代伯の異母弟が推定相続人となっている。

一覧[編集]

ラウザー準男爵 (ラウザーの) (1638年頃)[編集]

ロンズデール子爵 (1696年)[編集]

ロンズデール伯爵 (第1期; 1784年)[編集]

ラウザー子爵 (1797年)[編集]

ロンズデール伯爵 (第2期; 1807年)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ London Gazette: no. 12541, p. 1, 1784年5月8日
  2. ^ London Gazette: no. 14052, p. 968, 1797年10月10日
  3. ^ London Gazette: no. 16016, p. 421, 1807年4月4日