ロンスベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen von Ronsberg.png Locator map OAL in Germany.svg
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: シュヴァーベン行政管区
郡: オストアルゴイ郡
緯度経度: 北緯47度54分
東経10度25分
標高: 海抜 701 m
面積: 16.53 km²
人口:

1,680人(2013年12月31日現在) [1]

人口密度: 102 人/km²
郵便番号: 87671
市外局番: 08306
ナンバープレート: OAL
自治体コード: 09 7 77 165
行政庁舎の住所: Schulweg 3
87671 Ronsberg
ウェブサイト: www.ronsberg.de
首長: ゲルハルト・クラウス (Gerhard Kraus)
郡内の位置
Ronsberg in OAL.svg

ロンスベルク (Ronsberg) は、ドイツ連邦共和国バイエルン州シュヴァーベン行政管区オストアルゴイ郡に属す市場町である。

地理[編集]

ロンスベルクはアルゴイ地方に位置する。

自治体の構成[編集]

この町は、公式には17の地区 (Ort) からなる[2]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • ディンギスヴァイラー
  • ノイエンリート
  • オーバーヴァイラー
  • ロンスベルク
  • ツァーデルス

ディンギスヴァイラー集落[編集]

この集落は農業の村である。集落の中心には聖レオンハルトに捧げられた礼拝堂がある。教会組織はウンターアルゴイのエンゲトリート司祭区に属す。

歴史[編集]

ウルジン家は1130年頃にロンスベルクに新しい主城を造営した。1546年に市場町に昇格したロンスベルクは、ともにオーストリア大公の支配下にあったケンプテン侯とオットーボイレン修道院との間で分割統治されていた。首邑のロンスベルク自体はケンプテン側に属した。1803年帝国代表者会議主要決議以降、この集落はバイエルン領となった。バイエルンの行政改革に伴う1818年の市町村令によって現在の自治体が成立した。最初のロンスベルク教区教会の建設は1845年から1847年になされた。

人口推移[編集]

  • 1970年 1,665人
  • 1987年 1,623人
  • 2000年 1,713人

行政[編集]

町長はゲルハルト・クラウス (Freie Wähler) である。彼は2002年にペーター・ヴェルテク (CSU) の後任として町長に就任した。

紋章[編集]

図柄: 赤地に金の獅子。青と銀の斜め縞模様の竿につけられた青と銀に斜め二分割の旗をその前足で支えている。

経済と社会資本[編集]

教育[編集]

  • 国民学校 1校

引用[編集]

外部リンク[編集]