ロンゴノット山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロンゴノット山
ロンゴノット山
ロンゴノット山。2001年撮影。
標高 2,776[1] m
所在地 ケニアの旗 ケニア
リフトバレー州
位置 南緯0度54分52秒
東経36度26分47秒
座標: 南緯0度54分52秒 東経36度26分47秒[1]
山系 グレート・リフト・ヴァレー
種類 成層火山
最新噴火 1863 ± 5 年[1]
ロンゴノット山の位置(ケニア内)
ロンゴノット山
ロンゴノット山
ロンゴノット山の位置(ケニア
ロンゴノット山の位置(アフリカ内)
ロンゴノット山
ロンゴノット山
ロンゴノット山の位置(アフリカ
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ロンゴノット山(ロンゴノットさん、Mount Longonot)はケニアにある火山である。グレート・リフト・ヴァレー内のナイヴァシャ湖の南東にある。1860年代の噴火を最後に活動を休止していると考えられている。「ロンゴノット」はマサイ語oloonong'otからきており、「たくさんの突出部」または「険しい尾根」を意味する[2]マサイ族はこの山をオルドイニョ・ローノンゴット (Ol Doinyo loonongot) と呼んでいる。

ロンゴノット山はロンゴノット山国立公園の一部であり、ケニア野生生物公社 (KWS) によって保護されている。国立公園の入り口からクレーターの縁まで道が伸び、クレーターを取り囲むループ状の道に続く。全行程は約8-9 kmの長さであるが非常に険しく、クレーター一周を含む、公園入り口-ロンゴノット山頂-公園入り口、を行くにはおよそ5時間のハイキングになる。入り口は海抜およそ2,150 m、山頂はおよそ2,780 mであるが、ジグザグのクレーター縁をなぞるため、実質的に垂直で650 m以上登ることになる。

小木の森がクレーター底を覆い、小さな水蒸気噴出孔がクレーター壁の周りに間を空けて見つかる。この山には様々な野生動物が棲息しており、シマウマキリンバッファローおよびハーテビーストが有名である。ヒョウも報告されているが見つけるのは極めて困難である。

ロンゴノット成層火山粗面岩からなり、約21,000年前の爆発噴火で形成された8×12 kmのカルデラ (クレーター) を持つ[1]。カルデラ形成後の溶岩がカルデラ底と山麓で見つかっている。ルイス・リーキー1928年に土地のマサイ族の老人に聞いた話によると、約60-70年前 (1860年前後) に北側の山腹で火口から火が噴出したという[3]

ロンゴノット山はナイロビの60 km北西にあり舗装された道で行くことができる。近くの町もロンゴノットという名前である。衛星通信のロンゴノット地球局は山の南に位置する。

ケニアにあるロンゴノット山
ロンゴノット地球局 2010年
ロンゴノット山のクレーター

脚注[編集]

  1. ^ a b c d スミソニアン博物館世界火山プログラム
  2. ^ Mount Longonot National Park”. Kenya Wildlife Service. 2008年12月27日閲覧。
  3. ^ 佐藤博之 (1984). “ケニア・リフトバレー (2)”. 地質ニュース (354): 38-51. http://www.gsj.jp/Pub/News/pdf/1984/02/84_02_05.pdf. 

外部リンク[編集]