ロング・トム (ロケット)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロング・トムLong Tom)はオーストラリアロケット1957年ウーメラ試験場で初めて打ち上げられた。

2段式ロケットで、1950年代ソールズベリーのWRE(Weapons Research Establishment)が開発を行った。当初はイギリスブラック・ナイトや他の高高度フライトのためウーメラの設備を試験する用途で開発されたが、後にオーストラリア初の観測ロケットとして使用された。

1回目の発射には大型のスカイラーク発射台を使用したが、3回目の発射時に施設に損害をもたらしたため、ロング・トムチームは独自に3mの発射レールの建造を強いられた。

全長8.2mで、最高高度は120km。3枚のフィンによって安定化している。合計で16機が発射された。

参考文献[編集]

  • Rigby, Mark T. “LONG TOM”. WOOMERA ON THE WEB. 2010年10月7日閲覧。