ロンキ・デイ・レジョナーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロンキ・デイ・レジョナーリ
Ronchi dei Legionari
ロンキ・デイ・レジョナーリの風景
フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア空港
行政
イタリア国旗 イタリア
Friuli-Venezia Giulia-Flag.png フリウーリ=ヴェネツィア・ジュリア
Blank.png ゴリツィア
CAP(郵便番号) 34077
市外局番 0481
ISTATコード 031016
識別コード H531
分離集落 Cave di Selz, Soleschiano, Vermegliano [1]
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 11,936 [2](2012-01-01)
人口密度 702.9 人/km2
文化
住民の呼称 ronchesi
守護聖人 聖ロレンツォ (San Lorenzo)
祝祭日 8月10日
地理
座標 北緯45度50分0秒 東経13度30分0秒 / 北緯45.83333度 東経13.50000度 / 45.83333; 13.50000座標: 北緯45度50分0秒 東経13度30分0秒 / 北緯45.83333度 東経13.50000度 / 45.83333; 13.50000
標高 11 (7 - 140) [3] m
面積 16.98 [4] km2
ロンキ・デイ・レジョナーリの位置
ロンキ・デイ・レジョナーリの位置
ゴリツィア県におけるコムーネの領域
ゴリツィア県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

ロンキ・デイ・レジョナーリイタリア語: Ronchi dei Legionari)は、イタリア共和国フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州ゴリツィア県にある、人口約1万2000人の基礎自治体コムーネ)。

港湾都市モンファルコーネの都市圏に含まれる都市で、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア空港(トリエステ空港)の所在地である。

名称[編集]

イタリア語以外の言語では以下の名を持つ。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

ゴリツィア県南部のビシアカリア (it:Bisiacariaと呼ばれる地域に属しており、ビシアカリアの中心都市であるモンファルコーネの北西に隣接する。県都ゴリツィアから南西へ約17km、州都トリエステから北西へ約30km、ウーディネからは南東へ約33kmの距離にある。

コムーネ西部にはフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア空港(トリエステ=ロンキ・デイ・レジョナーリ空港)があり、州の空の玄関口となっている。

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。

モンファルコーネからは市街地が連担している。ロンキ・デイ・レジョナーリは単体でもゴリツィア県第3位の人口を持つコムーネであり、モンファルコーネ都市圏の人口は県都ゴリツィアを上回る。

歴史[編集]

この地の人々の生活はローマ時代以前に遡る[5]。ローマ時代にはいくつかの村落が築かれ、空港周辺では古代のネクロポリスが発掘されている。

この町はゴリツィア伯領から、967年にアクイレイアの総大司教領 (it:Patriarca di Aquileiaとなった。町が Ronches の名ではじめて文書に現れるのは1229年のことである。

15世紀以降ヴェネツィア共和国領になり、その後ハプスブルク君主国の領土となった。1850年には行政官(ポデスタ、Podestà)が派遣されるようになり、1912年には村の格を得た[5]

第一次世界大戦後、イタリア王国領となった。1919年、国家主義的詩人ガブリエーレ・ダンヌンツィオは義勇兵「レジョナーリ」(「軍団」の意)を組織し、「ロンキ・ディ・モンファルコーネ」(Ronchi di Monfalcone)と呼ばれていたこの町から出発してリエカ(フィウメ)を占領した(カルナーロ=イタリア執政府参照)。コムーネの名は、これを記念して1925年に改名された。

社会[編集]

人口[編集]

人口推移[編集]

居住地区別人口[編集]

国立統計研究所(ISTAT)は居住地区(Località abitata)別の人口として以下を掲げている[3]。統計は2001年時点。

地区名 標高 人口 備考
RONCHI DEI LEGIONARI 7/140 11,121
LE GIARE 10 37 サン・カンツィアン・ディゾンツォBegliano 地区に連続
RONCHI DEI LEGIONARI * 11 11,075 モンファルコーネスタランツァーノに連続
Case Sparse - 9
  • ISTATは人口統計上、家屋密度の高い centro abitato (居住の中心地区)、密度の低い nucleo abitato (居住の核となる地区)、まとまった居住地区を形成していない case sparse (散在家屋)の区分を用いている。上の表で地名がすべて大文字で示されているものが centro abitato である。「*」印が付されているのは、コムーネの役場・役所 la casa comunale の置かれている地区である。

姉妹都市[編集]

交通[編集]

フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア空港

空港[編集]

コムーネ西部に所在する商業空港。州都の名をとってトリエステ空港、所在地の名をとってロンキ・デイ・レジョナーリ空港、両者をつなげてトリエステ=ロンキ・デイ・レジョナーリ空港とも呼ばれる。

鉄道[編集]

道路[編集]

高速道路
国道

コムーネにはおおむね東西に国道 SS14 が走っており、東南に進めばモンファルコーネ、西に進めば空港の南側を経てベリアノやビゾリス(いずれもサン・カンツィアン・ディゾンツォ北部)に入る。また、モンファルコーネで SS14 から北に分かれた SS305 がコムーネを縦貫しており、北にレディプーリアの集落(フォリアーノ・レディプーリア)とを結んでいる。

脚注[編集]

  1. ^ Provincia di Gorizia. “Ronchi dei Legionari” (イタリア語). 2011年7月31日閲覧。
  2. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Total Resident Population on 1st January 2012 by sex and marital status” (英語). 2013年3月22日閲覧。
  3. ^ a b 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Popolazione residente - Gorizia (dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年3月7日閲覧。
  4. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale (Kmq) - Gorizia (dettaglio comunale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年3月7日閲覧。
  5. ^ a b Agenzia Turismo Friuli Venezia Giulia. “Ronchi dei Legionari” (英語). 2011年7月31日閲覧。

外部リンク[編集]