ロンカドル・バンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロンカドル・バンク (ロンカドル礁、Roncador Bank) は、カリブ海に浮かぶコロンビア領の砂の岩礁と浅い環礁であり、礁で最も遠い北端はロンカドル・ケイ (Roncador Cay) である。

今は部分的に破壊されているがアメリカキューバとの対立が深まる間に基地を建設している。1856年グアノ島法によってアメリカの占領下になったが、1982年にコロンビアに返還された。礁に灯台がある。