ロレートの聖母 (カラヴァッジョの絵画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『ロレートの聖母』
イタリア語: Madonna dei Pellegrini
作者 カラヴァッジョ
制作年 1604年 - 1606年頃
素材 カンヴァスに油彩
寸法 260 cm × 150 cm (100 in × 59 in)
所蔵 サンタゴスティーノ教会(ローマ

ロレートの聖母』(ロレートのせいぼ(: Madonna dei Pellegrini)は、バロック期のイタリア人画家カラヴァッジョが描いた絵画ローマナヴォーナ広場近くにあるサンタゴスティーノ教会 (en:Basilica of Sant' Agostino, Rome) カヴァレッティ礼拝堂に所蔵されている。二人の巡礼中の農夫の前に裸足の聖母マリアと裸の幼児キリストの幻影が現れた情景を描いており、肖像における聖母マリアの象徴性を高めた作品ともいわれている。

1603年にエルメーテ・カヴァレッティの遺産相続人の一人が、一族の礼拝堂の装飾用に聖母マリアをモチーフとした絵画制作を依頼して描かれた。当時のカラヴァッジョの競争相手で、現在では才能的には劣っているとされている画家ジョヴァンニ・バリオーネ (en:Giovanni Baglione) は、この作品が不敬で聖母子を中傷しているというして裁判を起こし、この作品が公開されると「大衆の嘲笑の的となり大騒ぎを巻き起こすことは間違いない」という理由で、カラヴァッジョを投獄することに成功している。ただし、騒ぎになることは容易に予測できたといえる。聖母マリアは自身を崇敬する巡礼者と同じく裸足で描かれている。聖母子の背景にはその地位に相応しい高貴な雲も天使たちも存在せず、古ぼけて崩れかけのレンガ壁が見えるだけで、マリアとキリストを辛うじて聖なる存在としているのは頭上の円光のみである。その一方で夜の暗闇から現れたマリアはこの上なく整った容姿で描かれている。

カラヴァッジョがローマ時代に描いた、『ダマスカスへの途中での回心』(1601年、サンタ・マリア・デル・ポポロ教会 (en:Conversion on the Way to Damascus)所蔵)や『聖マタイの召命』(1599年 - 1600年、サン・ルイジ・デイ・フランチェージ教会所蔵)などの多くの絵画と同様に、『ロレートの聖母』もごく一般の人々が自分たちとは隔絶した容姿の聖人と遭遇した瞬間を描いている。『ロレートの聖母』に描かれているマリアのモデルは、ボルゲーゼ美術館が所蔵する『聖アンナと聖母子』(1605年 - 1606年 (en:Madonna and Child with St. Anne (Dei Palafrenieri)))などにも描かれているマリアのモデルと同一人物と考えられている。

参考文献[編集]

  • Hibbard, Howard (1983). Caravaggio. Harper & Row.