ロルフ・キューン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロルフ・キューン
基本情報
出生 1929年9月29日(84歳)
出身地 ドイツの旗 ドイツケルン
担当楽器 クラリネットサキソフォン

ロルフ・キューンRolf Kühn1929年9月29日 - )はドイツケルン出身のジャズクラリネット奏者、作曲家アルトテナーサキソフォンもプレイする。

略歴[編集]

ロルフ・キューンは最初クラシックピアニストになる為東ドイツライプツィヒ音楽院で学んだが1941年にクラリネットに転向した。1950年ダンス楽団のウェルナー・ミューラーオーケストラに参加しプロ・デビュー。1952年西ドイツに渡り1956年には渡米し秋吉敏子エディ・コスタらと共演、ベニー・グッドマン楽団にも在籍した。1961年にドイツに帰郷し北ドイツ放送オーケストラでバンド・リーダーを務めた。その頃にはジョン・コルトレーンの影響を受けており、1964年の代表作『ソラリアス』ではモード奏法を土台とした独自のサウンド造りに成功している。1965年の『リユニオン・イン・ベルリン』ではフリー奏法も導入し更に革新的な作品を発表した。1970年代にはジョン・サーマンフィル・ウッズ等とも共演しMPS等に多くの録音を残している。近年もオーネット・コールマンデイブ・リーブマン等とも共演している。弟のヨアヒム・キューンはジャズ・ピアニストである。