ロミオとジュリエット (ミュージカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロミオとジュリエット』(フランス語Roméo et Juliette: de la Haine à l'Amour)は、シェイクスピア戯曲ロミオとジュリエット』を基にしたフランス発のミュージカル。作詞・作曲はジェラール・プレスギュルヴィック、初演は2001年1月19日、パリのパレ・デ・コングレ劇場。

概要[編集]

初演時のサブタイトルは「de la Haine à l'Amour 憎しみから愛へ」。フランス語ミュージカルとしては、「ノートルダム・ド・パリ」と並ぶ人気作品である。

原作との違いは、登場人物のほとんどが主人公2人の秘密婚儀を知っていることである。また言語や上演地によって、歌や筋立て、特に主人公2人の死に方に違いがある。

これまでにモントリオールロンドン英語)、アムステルダムブダペストハンガリー語)、モスクワロシア語)、ウィーンドイツ語)、メキシコスペイン語)などで上演された。アジアでは2007年、フランス語によりソウル釜山台北などで巡回上演された。

2010年2〜4月、パリのパレ・デ・コングレ劇場で「Les enfants de Vérone ヴェローナの子供たち」というサブタイトルで再演。ロミオ役は初演及びアジアツアーで同役を演じたダミアン・サルグ、ジュリエットはアジアツアーのジョイ・エステル。

日本での初演は、宝塚歌劇団星組によって、2010年7月に梅田芸術劇場、8月に博多座で上演。以降の再演については、後記参照のこと。

主な登場人物[編集]

  • ロミオ - モンタギュー家の一人息子
  • ジュリエット - キャピュレット家の一人娘
  • ティボルト - キャピュレット夫人の甥。ジュリエットに片思いしている。
  • ベンヴォーリオ - モンタギューの甥でありロミオの友人
  • マキューシオ - ヴェローナ公の甥でありロミオの友人
  • ロレンス神父 - 街の教会の神父。ロミオとジュリエットの秘密婚儀を取りなす。
  • ジュリエットの乳母 -
  • モンタギュー卿 - モンタギュー家の家長
  • モンタギュー夫人 - モンタギューの妻。キャピュレット夫人と対立している。
  • キャピュレット卿 - キャピュレット家の家長
  • キャピュレット夫人 - キャピュレットの妻。モンタギュー夫人と対立している。
  • ヴェローナ公 - ヴェローナの領主。モンタギュー家とキャピュレット家の対立に頭を悩ませている。
  • ピーター - ジュリエットの乳母の従者
  • パリス - ジュリエットの婚約者
  • 愛(宝塚版オリジナル)

配役[編集]

フランス初演
ウィーン初演(ドイツ語初演)

楽曲[編集]

略号
  • R:ロミオ
  • J:ジュリエット
  • B:ベンヴォーリオ
  • M:マキューシオ
  • T:ティボルト
  • LM:モンタギュー夫人
  • LC:キャピュレット夫人
  • CC:キャピュレット伯
  • LN:ジュリエットの乳母
  • PV:ベローナ大公
  • FL:ロレンス修道僧
  • LP:詩人
  • P:パリス
  • LaM:死神
  • GP:プレスギュルヴィック
  • LT:全員
Acte 1 Acte 2
Ouverture (GP) "On dit dans la rue" (R, M & B)
"Vérone" (PV) "Cest le jour" (T)
"La Haine" (LC & LM) "Le Duel" (M, T, & R)
"Un Jour" (R & J) "Mort de Mercutio" (M & R)
"La Demande en mariage" (P & CC) "La Vengeance" (CC, LM, PV & R)
"Tu dois te marier" (LC & LN) "Le Pouvoir" (PV)
"Les Rois du monde" (R, B & M) "Duo du désespoir" (LN & FL)
"La Folie" (M, R & B) "Le Chant de l'alouette" (R & J)
"J'ai peur" (R) "Demain" (CC, LC, J & LN)
"Le Bal" (instrumental) "Avoir une fille" (CC)
"L'Amour heureux" (R & J) "Pourquoi" (J)
"Le Bal 2" (instrumental) "Sans Elle" (R & J)
"C'est pas ma faute" (T) "Le Poison" (J)
"Le Poète" (LP & J) "Comment lui dire" (B)
"Le Balcon" (R & J) "Mort de Roméo" (R)
"Par amour" (FL, R & J) "La Mort de Juliette" (J)
"Les Beaux, les Laids" (LN, B & M) "J'sais plus" (FL)
"Et voilà qu'elle aime" (LN) "Coupables" (final) (LC, LM, LN & LT)
"Aimer" (R & J) --

日本での上演[編集]

宝塚歌劇団での上演[編集]

2010年 - 星組公演 (初演)
演出は小池修一郎が担当。以降の再演も小池が担当している。
星組選抜メンバーにて、梅田芸術劇場博多座で公演。
宝塚版には、「愛」のダンサー役が新たに追加された演出となっている。
2011年 - 雪組公演
宝塚大劇場東京宝塚劇場にて公演。本公演用に最後にフィナーレのショーナンバーの演出が追加された。
音月桂の大劇場トップお披露目公演。
ヒロインのジュリエットを舞羽美海夢華あみ[注 1]が役替わりで務める。
2011年3月3日の公演で東京宝塚劇場がリニューアルオープンから1000万人の来場を達成し、本公演後にセレモニーが執り行われた。[1]
2011年3月11日の公演幕間中に東北地方太平洋沖地震が発生し、同公演第二幕と翌日の公演が中止となった。[2][3]
3月13日から千秋楽までは、「東北地方太平洋沖地震チャリティー公演」として上演され、収益金の一部と募金が日本赤十字社に寄付された。[4]
2012年 - 月組公演
宝塚大劇場と東京宝塚劇場にて公演。
龍真咲愛希れいかのトップコンビお披露目公演。
龍と明日海りおがロミオ役とティボルト役を役替わりで務めた。
2013年 - 星組公演
宝塚大劇場と東京宝塚劇場にて公演。
ティボルト・ベンヴォーリオ・マーキューシオ・パリス・死・愛の6役にて役替わりで務めた。
本公演キャスト
  2010年星組 2011年雪組 2012年月組 2013年星組
ロミオ 柚希礼音 音月桂 龍真咲
明日海りお[注 2]
柚希礼音
ジュリエット 夢咲ねね 舞羽美海
夢華あみ[注 1]
愛希れいか 夢咲ねね
ティボルト 凰稀かなめ 緒月遠麻 明日海りお
龍真咲[注 2]
紅ゆずる
真風涼帆[注 2]
ベンヴォーリオ 涼紫央 未涼亜希 星条海斗 紅ゆずる
礼真琴[注 2]
マーキューシオ 紅ゆずる 早霧せいな 美弥るりか 壱城あずさ
天寿光希[注 2]
ロレンス神父 英真なおき 奏乃はると 英真なおき
ジュリエットの乳母 白華れみ 沙央くらま 美穂圭子 美城れん
キャピュレット卿 一樹千尋 越乃リュウ 一樹千尋
キャピュレット夫人 音花ゆり 晴華みどり 憧花ゆりの 音花ゆり
モンタギュー卿 にしき愛 飛鳥裕 綾月せり 美稀千種
モンタギュー夫人 花愛瑞穂 麻樹ゆめみ 花瀬みずか 花愛瑞穂
ヴェローナ大公 水輝涼 大凪真生 輝月ゆうま 十輝いりす
パリス 天寿光希 彩那音 紫門ゆりや 壱城あずさ
天寿光希[注 2]
ピーター 美城れん 詩風翠 華央あみり 真月咲
ジョン 如月蓮 央雅光希 有瀬そう 輝咲玲央
真風涼帆 彩風咲奈 珠城りょう 真風涼帆
麻央侑希[注 2]
礼真琴 大湖せしる 煌月爽矢 鶴美舞夕
礼 真琴[注 2]
新人公演キャスト
  2011年雪組 2012年月組 2013年星組
ロミオ 彩風咲奈 珠城りょう 礼真琴
ジュリエット 愛加あゆ 咲妃みゆ 城妃美伶
ティボルト 凛城きら 煌月爽矢 麻央侑希
ベンヴォーリオ 香綾しずる 輝月ゆうま 夏樹れい
マーキューシオ 彩凪翔 朝美絢 紫藤りゅう
ロレンス神父 帆風成海 千海華蘭 ひろ香祐
ジュリエットの乳母 透水さらさ 晴音アキ 妃海風
キャピュレット卿 朝風れい 貴澄隼人 漣レイラ
キャピュレット夫人 千風カレン 花陽みら 夢妃杏瑠
モンタギュー卿 央雅光希 輝城みつる 凰姿有羽
モンタギュー夫人 此花いの莉 真愛涼歌 珠華ゆふ
ヴェローナ大公 透真かずき 天翔りいら 飛河蘭
パリス 真那春人 星輝つばさ 音咲いつき
ピーター 凰華れの 麗奈ゆう 翔馬樹音
ジョン 大澄れい * 桃堂純
煌羽レオ 鳳月杏 十碧れいや
久城あす 隼海惺 凰羽みらい

その他日本公演[編集]

2011年
タイトル表記は、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』
潤色・演出は小池修一郎が担当。企画・制作は、TBSホリプロ梅田芸術劇場
赤坂ACTシアター・梅田芸術劇場にて上演。
キャストとダンサーはオーディションで決定。[5]


2013年
東急シアターオーブ・梅田芸術劇場にて上演。[6]
城田優が主役のロミオ役と準主役のティボルト役の両方を務めた。
柿澤勇人は東京公演のみの出演。
キャスト
  2011年 2013年
ロミオ 城田優山崎育三郎 [注 3]  城田優[注 2]古川雄大柿澤勇人 [注 4]
ジュリエット 昆夏美フランク莉奈[注 3] フランク莉奈・清水くるみ[注 3]
ティボルト 上原理生平方元基[注 3] 城田優[注 2]加藤和樹[注 3]
ベンヴォーリオ 浦井健治 尾上松也・平方元基[注 3]
マーキューシオ 良知真次石井一彰[注 3] 東山光明水田航生[注 3]
ロレンス神父 安崎求
ジュリエットの乳母 未来優希
キャピュレット卿 石川禅
キャピュレット夫人 涼風真世
モンタギュー卿 ひのあらた
モンタギュー夫人 大鳥れい 鈴木結加里
ヴェローナ大公 中山昇
パリス 岡田亮輔 岡田亮輔・加藤潤一
中島周大貫勇輔[注 3] 中島周・大貫勇輔・宮尾俊太郎[注 4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b ただし、2011年2月24日から3月11日までは体調不良により休演
  2. ^ a b c d e f g h i j 役替わり
  3. ^ a b c d e f g h i ダブルキャスト
  4. ^ a b トリプルキャスト

出典[編集]

  1. ^ 東京宝塚劇場開場10周年 ご来場者1,000万人達成(宝塚歌劇団公式ページ、2011年3月4日)
  2. ^ 東京宝塚劇場途中で中止 遊助武道館公演もスポニチ、2011年3月12日)
  3. ^ 雪組東京宝塚劇場公演(3月11日、3月12日) 公演中止に伴う払い戻しについて(宝塚歌劇団公式ページ、2011年3月12日)
  4. ^ 東京宝塚劇場「東北地方太平洋沖地震」チャリティー公演の実施について(追)(宝塚歌劇団公式ページ、2011年3月21日)
  5. ^ 小池修一郎演出のミュージカル『ロミオ&ジュリエット』今秋上演決定 キャスト&ダンサーはオーディションで決定(シアターガイド、2011年3月4日)
  6. ^ ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』日本版が来年秋に再演 ダンサー・オーディションを実施(シアターガイド、2012年9月3日

外部リンク[編集]