ロボク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロボク属 Calamites
Calamites mons.jpg
ロボクの化石
分類
: 植物界 Plantae
: シダ植物門 Pteridophyta
: トクサ綱 Equisetopsida
: トクサ目 Equisetales
: ロボク科 Calamitaceae
: ロボク属 Calamites
学名
Calamites
和名
ロボク属

ロボク蘆木学名Calamitesカラミテス)は、石炭紀に栄え、石炭とともに見出される化石としてのみ知られる木本様植物(属)である。現生のトクサ類に近縁で、高さ10メートルにも達する高木であった(現生トクサ類でも数メートルになるものもあるが木ではない)。リンボクなどとともに沼沢地に群生していたと考えられる。

特徴[編集]

幹にはタケのような「節」があり、そこにと細長い(25本ほど)が輪生し、茎の先端の胞子穂に胞子を作って繁殖した。幹には二次木部を形成した(二次篩部はなかった)が、幹や茎は現生トクサ類と同じく中空であった。幹が折れたり破れたりすると樹脂で埋められることがあり、これは化石にもよく見られる。また地下茎を横に伸ばし、これによって無性生殖することもできた(この時代の樹木としては唯一の例)。

ペルム紀後期に絶滅したが、その頃現生のトクサ科に含まれる種が発生した。