ロペ・サントス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロペ・K・サントスLope K. Santos, 1879年9月25日 - 1963年5月1日)はフィリピンタガログ語作家である。[1]作家であったことを別にしても、彼は弁護士、政治家、評論家、労働運動指導者でもあり、“フィリピン国語と文法の父”とみなされた。[2][3]

生涯[編集]

文学の分野[編集]

サントスはフィリピン、リサール州パシッグ市(現在はメトロ・マニラの一部)でLope C. Santosとして、ともにリサール州民のラディスラオ・サントスとビクトリア・カンセーコ(V. Canseco)の間に生まれた。彼はナショナリズムを示すために、ミドルネームにCansecoに代えてKansekoを用いた。彼の時代にはCの文字はタガログ語のアルファベットには含まれなかった。サントスは普通高等教員養成学校(Escuela Normal Superior de Maestros)と法律学校(Escuela de Derecho)で学び、そしてコレヒオ・フィリピーノ(Colegio Filipino)で文学士の学位を得た。彼は、よく似た競技だがより短い演説で行われるバラグタサン(balagtasan)と比べられる、彼の若いころによく知られていた詩の討論試合であるドゥプルハン(dupluhan)のエキスパートになった。

1900年、彼はムリン・パグシラン(再生)や彼が設立したサンパギータなどのタガログ語出版物の編集者として働いた。フィリピン大統領マヌエル・ケソンによって、彼は国語研究所(Surian ng Wikang Pambansa)所長に任命された。[4]

政治活動[編集]

サントスは1910年から1913年までリサール州知事、1918年から1920年までヌエバ・ビスカヤ州知事に就任した。第5フィリピン議会の間、彼はナショナリスタ党のもと第12区の上院議員としても務めた。[4]

私生活[編集]

1900年2月10日、サントスはシメオーナ・サラサールと結婚し、彼らは5人の子供に恵まれた。彼は肝疾患のため一度手術を受けたが、後に死去した。彼の死の床での最後の望みは、タガログ語をフィリピンの国語にすることだった。[4]

作品[編集]

サントスの作品には以下のものがある。[4]

  • バラリラ・ナン・ウィカン・パンバンサ(Balarila ng Wikang Pambansa, 国語文法)
  • バナアッグ・アット・シカット(Banaag at Sikat)、小説

脚注[編集]