ロベール1世 (ブルゴーニュ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロベール1世フランス語Robert Ier, 1011年 - 1076年3月21日)は、ブルゴーニュ公(在位:1032年 - 1076年)。フランスロベール2世の息子で、アンリ1世の弟。

1031年に父ロベール2世が死去した後、新王アンリ1世に対する反乱が起きた。ロベールは母コンスタンス・ダルルの援助を受けてこれに加担したが、兄王からブルゴーニュ公国を与えられて講和を結んだ。

ロベール1世は1033年頃にエリー・ド・サミュールと結婚し、4男1女をもうけた。

しかし1055年に離婚し、さらに彼女の父を殺害した。

2番目の妻はアンジューフルク3世の娘エルマンガルドで、彼女との間には1女が生まれた。

ロベール1世は1076年に死去し、次男アンリの長男ユーグ1世が公位を嗣いだ。

先代:
アンリ
ブルゴーニュ公
1032年 - 1076年
次代:
ユーグ1世