ロベール1世 (ノルマンディー公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファレーズにあるロベール1世像

ロベール1世フランス語Robert Ier, 1000年頃 - 1035年7月3日)は、ノルマンディー(在位:1028年 - 1035年)。華やかな衣装を好んだことから「華麗公(le Magnifique)」、あるいは兄を暗殺したという疑いから「悪魔公」(le Diable)と呼ばれる。リシャール2世(善良公)とその妻でブルターニュコナン1世の娘ユディトの子。イングランドエゼルレッド2世北海帝国の王クヌーズ1世の妃エマは叔母に当たる。先祖であるロロがロベールと改名しているため、代数が繰り下がって稀にロベール2世と称される場合もある。

1027年、父が死去して兄のリシャール3世が公位を嗣いだ時、ロベールはHiémois伯となっていた。リシャール3世はわずか1年後に死去するが、これはロベールによる暗殺ではないかと強く疑われた。ロベール1世の渾名の1つ「悪魔公」はこれに由来し、しばしば伝説の悪魔ロベールと同一視されてきた。

ロベール1世の在位中、フランスアンリ1世は弟ロベールや母后コンスタンスに反乱を起こされていた。ロベール1世はアンリ1世を支援し、褒賞としてヴェクサンを獲得した。さらに彼はフランドルに干渉し、亡命していた従弟のイングランド王エドワード懺悔王を支援し、ノルマンディーの修道院を改革した。

ロベール1世は、愛人エルエーヴ(アルレット・ド・ファレーズとも)との間にギヨーム(後のノルマンディー公ギヨーム2世およびイングランド王ウィリアム1世)とアデル(ポンチュー伯夫人、シャンパーニュ伯夫人)の2人の子供がいた。ギヨームを後継者に指名した後ロベール1世はエルサレム巡礼に出発し、戻る途中の1035年7月の1日から3日頃にニカイアで客死した。それにより、ギヨーム2世がわずか8歳で公位を嗣いだ。

ジャコモ・マイアベーア歌劇悪魔のロベール」("Robert le Diable"、1831年作曲・初演)はロベール1世を主人公としたものである。