ロベール1世 (アルトワ伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロベール1世(Robert Ier d'Artois, 1216年 - 1250年2月8日)は、フランスルイ8世と王妃ブランシュ・ド・カスティーユの息子で、ルイ9世の弟。カペー家の支流アルトワ家の祖。

兄ルイ9世と共に第7回十字軍に参加してアイユーブ朝統治下のエジプトを攻撃したが、カイロへ進軍途中の1250年にマンスーラの戦いで敗死した。なお、エジプトを征服したあかつきには、ロベール1世をエジプト王に擁立する話があったという[1]

1237年にブラバント公アンリ2世の娘マティルドと結婚し、1男1女をもうけた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『聖王ルイ 西欧十字軍とモンゴル帝国』p394

参考文献[編集]

  • ジャン・ド・ジョワンヴィル『聖王ルイ 西欧十字軍とモンゴル帝国』(伊藤敏樹訳、ちくま学芸文庫 2006年)