ロベール=フランソワ・ダミアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロベール=フランソワ・ダミアン
拷問にかけられるダミアン

ロベール=フランソワ・ダミアン(Robert-François Damiens、1715年1月9日 - 1757年3月27日)は、フランスルイ15世暗殺未遂の罪によって八つ裂きの刑になった人物である。

ダミアンはアラスの近くの村で1715年に生まれ、若いときに軍に入隊した。軍を辞めたダミアンはパリイエズス会の召使いになって、働いていたが金を持ち逃げした。ダミアンはジャンセニスムに共感していたらしく、クレメンス11世によるジャンセニスムと痙攣派(ジャンセニスムの一派)への抑圧に反感を抱き、国王を暗殺することで事態を改善しようと考えたが、結局殺さずとも怯えさせるだけでいいと結論付けた。

1757年1月5日に、ルイ15世が馬車に乗ろうとしたところをナイフで刺した。寒い時期で厚着をしていたこともあり、ルイ15世はかすり傷で済んだ。ダミアンは逃げることなくその場で逮捕され、共犯者の名前を白状させるために拷問にかけられた。しかし、彼は共犯者も後ろ盾も全くない単独犯だったが、拷問にかけられた苦し紛れに適当な名前を答えた。

3月27日、死刑執行人シャルル=アンリ・サンソンニコラ=シャルル・ガブリエル・サンソンにより、フランスで最も重い刑罰である八つ裂きの刑により死刑になった。まず罪を犯した右腕を罰するために右腕を焼かれ、ペンチで体の肉を引きちぎられ、傷口に沸騰した油や溶けた鉛を注ぎ込まれたあと、手足に切れ込みを入れて八つ裂きにされて絶命し、胴体は焼かれた(シャルル=アンリは、処刑の詳細を記録している)。処刑を目撃した人物は、彼を、イングランドにおいて同様の罪で処刑されたガイ・フォークスになぞらえた。

処刑後、ダミアンの家は完全に破壊され更地になり、兄弟と姉妹は改名を強要され、父と妻と娘はフランスから追放された。

ミシェル・フーコーは、著書『監獄の誕生』において彼の処刑に言及している。