ロベール・メルル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロベール・メルル(1964年

ロベール・メルルRobert Merle1908年8月20日 - 2004年3月27日)は、アルジェリア生まれのフランス作家

日本語ではギブンネーム(個人名)のみを英語発音仮名転写とした「ロバート・メルル」という読みもある。しかし、Merle を「メルル」と読むのはフランス語独特であり、英語発音の転写であれば「ロバート・マール」が本来で、そのような読みも散見される。

人物[編集]

1908年、フランス占領下にあったアルジェリアのテベッサen)で生まれたメルルは、1918年パリへ転居し、パリ大学を卒業している。

デビュー作『ズイドコートの週末』は、フランスで最も権威のある文学賞の一つであるゴンクール賞を受賞。1964年のフランス・イタリア合作映画『ダンケルク』(アンリ・ヴェルヌイユ監督)の原作にもなった。

長編小説イルカの日』は、1974年監督マイク・ニコルズ、主演ジョージ・C・スコットで映画化された。

2004年、パリ近郊の自宅で心臓発作により、95歳で死去した。

作品リスト[編集]

  • ズイドコートの週末(Week-End A Zuydcoote1949年
  • 死はわが職業(La mort est mon métier1952年
  • イルカの日(Un Animal Doue De Raison1967年
  • マレヴィル(Malevil、1973年) :1974年ジョン・W・キャンベル記念賞を受賞。
  • 種馬にされた男たち(Les Hommes Proteges、1974年)
  • マドラプールに消えた(Madrapour1976年
  • シオラック家の運命(Fortune De France1977年

ほか、日本語版未出版の作品がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]