ロベルト・ファエンツァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロベルト・ファエンツァ
生年月日 1943年2月21日(71歳)
出生地 トリノ
国籍 イタリアの旗 イタリア

ロベルト・ファエンツァ(Roberto Faenza、1943年2月21日 - )は、イタリア映画監督

略歴[編集]

トリノ生まれ。イタリアのネオ・レジスタの代表的な監督であり、実力派。 トリノ大学哲学科で学び、1965年に国立映画実験センターの監督科を修了後、『エスカレーション』(68)で監督デビュー。

ベルナルド・ベルトルッチマルコ・ベロッキオと並ぶ<異議申し立て>の作家として脚光を浴びる。その後、消費社会を批判した『H2S』(69日本未公開)、戦後のイタリア政治を題材とした『頑張れ、イタリア』(78、日本未公開)などの野心的な作品を発表する。一方でハーヴェイ・カイテル主演のSF風ホラー作品『コップキラー』(83)も監督。

90年代からアルトゥル・シュニッツラーアントニオ・タブッキダーチャ・マライーニなどの文学作品を題材とした意欲作を次々に発表して再び注目される。1993年、『鯨の中のジョナ』でナチス強制収容所に送られた少年とその両親の姿を描き、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞最優秀監督賞を受賞。『Sostiene Pereira(供述によるとペレイラは)』(95)では大物俳優マルチェロ・マストロヤンニを主演に据えた。エミリア・フォックスレイン・グレンを主人公に迎えた『Prendimi l'anima(魂をつかまえて)』(03)では、心理学者カール・グスタフ・ユングと女性患者の愛の物語を描き、銀リボン賞脚本賞にノミネートされた。さらに、『Alla luce del sole(太陽の下で)』(04)ではヨーロッパ映画賞監督部門にノミネートされ、2005年の『哀しみの日々(I giorni dell'abbandono)』では、ヴェネツィア国際映画祭金熊賞にノミネート。日本での公開作は少ないが、2007年に制作した『副王家の一族』で久々に力量を示した。最新作は、『Il caso dell'infedele Klara』(09)。また、作家でもあり、ピサ大学で教鞭をとっている。

外部リンク[編集]