ロベルト・デュラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロベルト・デュラン
Communion2105.jpg
1980年代。中央がデュラン、左はエロル・クリスティー
基本情報
本名 ロベルト・デュラン・サマニエゴ
通称 石の拳
階級 ライト級
ウェルター級
スーパーウェルター級
ミドル級
身長 170cm
リーチ 168cm
国籍 パナマの旗 パナマ
誕生日 1951年6月16日(62歳)
出身地 パナマの旗 パナマ
エンチョリーヨ
プロボクシング戦績
総試合数 119
勝ち 103
KO勝ち 70
敗け 16
テンプレートを表示

ロベルト・デュランRoberto Durán、男性、1951年6月16日 - )は、パナマプロボクサー。ニックネームは「石の拳(コブシ) Manos De Piedra, Hands of Stone 」。

キャリア初期の野性味溢れるボクシングと後期の技巧派スタイルで50歳になるまで戦い続けた一方、二階級飛び越えればパンチの威力が完全に違い、三階級では挑戦自体が無謀であった世界観を平然と破った怪物ボクサー。その対戦相手は中量級の歴史における最強の王者揃いであり、観戦を渇望した観客たちにより興行やテレビの世界も変革されていった。全時代、全階級(ALL TIME PFP)最強に推す者も多く、デュランは間違いなくモハメド・アリ(カシアス・クレイ)と並ぶ世界を動かした中南米を代表するボクサーである。

娘であるイリシェル・デュランもプロボクサー。

来歴[編集]

キャリア初期[編集]

1951年6月16日、エンチョリーヨのスラム街で生誕。

1968年、16歳でプロデビュー以来、連戦連勝を続け、その中には後のフェザー級王者エルネスト・マルセルや世界スーパーフェザー級王座を6度防衛した小林弘をKOで下す試合などが含まれている。そして1972年6月26日、無敗のままWBA世界ライト級王者ケン・ブキャナンに挑戦。

華麗なテクニックを誇り、王座安泰と言われていた技巧派王者を、デュランは初回からダウンを奪うなどして終始攻勢。そして13回、ボディブローでKO勝ちを収めた。ブキャナン側からローブローだという抗議の声が上がったがデュランが新王者となった。

世界王座に就いてからのデュランは更に怪物的な強さを発揮する。「石の拳(こぶし)」と形容された強打で、後のWBC世界王者ガッツ石松、タフで鳴らしたレイ・ランプキン等の実力者を相手に、10連続KOを含む11度の防衛を達成。その間もノンタイトル戦も頻繁にこなし、まさに戦うチャンピオンだった。

同時期にフェザー級、ジュニアライト級で世界王座に君臨したアレクシス・アルゲリョや、ジュニアウェルター級世界王者として無敵を誇ったアントニオ・セルバンテスとの対戦は、何度も噂に上ったが実現しなかった。

1980年代[編集]

ライト級タイトルを返上したデュランは、8試合のノンタイトル戦を挟んだ後の1980年6月20日、2階級上のWBC世界ウェルター級王者シュガー・レイ・レナードに挑戦する。レナードのスピードが勝ると予想されていたが、デュランは天性のボクシングセンスを発揮。2回に右クロスを決めてレナードをぐらつかせ、その後もロープに詰めて接近戦を挑む。レナードの速いパンチにも機敏に反応し15回を戦いきった。そして僅差ながら予想外の判定勝ちを収め、見事2階級制覇を達成する。この勝利に母国パナマは大熱狂。時の大統領が仕向けた大統領専用機で帰国すると、この日を「デュランの日」という祝日に制定される騒ぎとなった。(その後、廃止されている)

しかし、5か月後の11月25日の再戦では徹底的なヒット・アンド・アウェイ戦法を取るレナードにフラストレーションが溜まり、8回に腹痛を訴えて試合放棄同然のTKO負けをした。この試合に対してルイジアナ・ボクシング・コミッションは「不満足な試合内容」を理由に7500ドルの支払いを命じた。ファイトマネー1000万ドルの支払い差し止めも求められたが、プロモーターは支払い済みと語った[1]。 このとき放った言葉と共に「ノー・マス(もうたくさんだ)」事件として有名になる。また、この試合をきっかけにデュランのボクシング人生は波乱を迎えた。

1982年1月30日、ウィルフレド・ベニテスのWBC世界スーパーウェルター級タイトルに挑むも判定負け。9月4日のノンタイトル戦でも、格下と見られていたカークランド・ラインにも判定で敗れた。

1983年6月16日、デビー・ムーアの持つWBA世界スーパーウェルター級タイトルに挑んだ時もデュラン不利と見られていた。しかし、デュランは初回から試合のペースを握る。ムーアのパンチを外し、ボディを執拗に攻めた。7回、疲れの見えるムーアに見事な右クロスを決めてダウンを奪うと、続く8回、容赦ない追撃を加えた。そしてタオル投入。劇的なTKO勝ちで史上7人目の3階級制覇を果たすと共に、完全復活をアピールした。

勢いに乗るデュランは同年11月10日、3団体統一世界ミドル級王者マービン・ハグラーに挑む。それまでの防衛戦を全てKOで飾っていたハグラーだけに無謀な挑戦と思われたが、右を好打するなど互角の戦いを演じる。しかし、14回以降スタミナをロス。ハグラーの的確なパンチを浴び、判定にもつれ込んだものの3-0で敗北した。

1984年6月15日、WBC世界スーパーウェルター級王者トーマス・ハーンズと対戦。しかし、ハーンズの長いリーチとスピード、パワーで圧倒される。デュランは初回にいきなり2度のダウンを奪われ、続く2回、強烈な右クロスをもらい失神KO負けを喫した。その余りにも豪快な倒されっぷりに人々はこの試合を後に「ラスベガス恐怖の一撃」と名づけた。

無冠となったデュランだがその後も戦い続け、1989年2月24日、WBC世界ミドル級王者アイラン・バークレーに挑む。バークレーは、トーマス・ハーンズを番狂わせの3回TKOでタイトル獲得したタフなファイター。対するデュランは38歳となっていた。しかし、自分より若くパワーのあるバークレーのパンチを天性の防御勘で外しきり、11回には見事なワンツーでダウンを奪う。判定は割れたが、2人のジャッジがデュランの勝ちを支持。若い頃とは一味違う技巧派の面を発揮し、4階級目のタイトルを獲得した。

余談だが、デュランはライト級王者になる前はスーパーフェザー級で世界1位にランキングされていた。また、ライト級王者になってからのノンタイトル戦では、一階級上のスーパーライト級世界ランカーとも頻繁にグローブを交え、負けることは無かった。

キャリア後期[編集]

バークレー戦を最後にデュランは世界タイトルとは無縁となった。1989年12月7日、シュガー・レイ・レナードとの3度目の対戦(WBC世界スーパーミドル級タイトルマッチ)では判定負け。

しかし、その後もヘクター・カマチョ(二度戦ってともに判定負け)やビニー・パジェンサ(二度戦ってともに判定負け)といった元世界王者、中堅どころの選手と戦い続けた。1998年8月28日には47歳にしてウィリアム・ジョッピーの持つWBA世界ミドル級タイトルに挑戦するも、棄権による3回TKO負けを喫した。

その後も戦い続けたデュランだったが、交通事故で重傷を負い、2002年7月21日、パナマシティで現役引退を発表した。最後の試合は2001年7月14日のヘクター・カマチョ戦(12R判定負け)だった。

日本での異種格闘技戦[編集]

1992年4月19日には東京体育館での藤原組の旗揚げ一周年記念興行で船木誠勝と異種格闘技戦を行った。2ラウンドにはボディブローで船木からダウンを奪うも、3ラウンドで船木に捕まり腕固めで敗れた。ルールは変則的で、素手の船木は顔面パンチ、グラウンドでの打撃が禁止され、グラウンド状態は10秒でブレイクになり、なおかつデュランの攻撃はほとんど許されるという、デュランに大幅に譲歩したルールであった。

デュランは試合後の記者会見で 「やっぱり、一年間練習をしないで、3週間で仕上げたのには無理があったね」 と自ら準備不足を告白し、Tシャツで戦ったことについては 「練習ではいつも着ているし、習慣になっているからね。掴まれたときにシャツを着ていたほうがいいと思ったが、暑かった」 と語った。

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ デュランに罰金 「ファイト」ないと 読売新聞 1980年11月28日朝刊17ページ
  2. ^ a b ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年、237、239頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前王者
ケン・ブキャナン
第18代WBA世界ライト級王者

1972年6月26日 - 1979年(返上)

空位
次タイトル獲得者
エルネスト・エスパーニャ
前王者
エステバン・デ・ヘスス
第7代WBC世界ライト級王者

1978年1月21日 - 1979年(返上)

空位
次タイトル獲得者
ジム・ワット
前王者
シュガー・レイ・レナード
第6代WBC世界ウェルター級王者

1980年6月20日 - 1980年11月25日

次王者
シュガー・レイ・レナード
前王者
デビー・ムーア
第22代WBA世界ジュニアミドル級王者

1983年6月16日 - 1984年(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
マイク・マッカラム
前王者
アイラン・バークレー
第21代WBC世界ミドル級王者

1989年2月24日 - 1990年(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ジュリアン・ジャクソン