ロブ・ロイ (カクテル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロブ・ロイ
Rob Roy Cocktail.jpg
基本情報
種別 ショートドリンク
ベース スコッチ・ウイスキー
副材料 スイート・ベルモット、アンゴスチュラ・ビターズ
度数 32度[1]
赤褐色透明
詳細情報
作成技法 ステア
装飾材料 マラスキーノ・チェリー
グラス カクテル・グラス
テンプレートを表示

ロブ・ロイ (Rob Roy) とは、カクテルの一種である。

名前の由来[編集]

18世紀スコットランド義賊"赤毛のロバート"ことロバート・ロイ・マグレガーの通称ロブ・ロイに由来する。カクテルの創作者はロンドンの高級ホテル「ザ・サボイ」のバーテンダー、ハリー・クラウドッグ。別名「スコッチ・マンハッタン」「パーフェクト・マンハッタン」。

標準的なレシピ[編集]

作り方[編集]

  1. 材料をミキシング・グラスに入れてステアする。
  2. カクテル・グラスに注いでマラスキーノ・チェリーを飾る。

バリエーション[編集]

ベルモットをスイート・ベルモットに替え、スコッチをライ・ウイスキー(またはバーボン・ウイスキー)に替えるとマンハッタンになる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 桑名 伸佐 監修 『カクテル・パーフェクトブック』p.238 日本文芸社 2006年2月25日発行 ISBN 978-4-537-20423-0

参考図書[編集]

  • 若松誠志『ベストカクテル250』日本文芸社 2003年
  • チャールズ・シューマン 著 ギュンター・マッタイ 画/福西英三 松本みどり 訳『シューマン バー・ブック』河出書房新社 2002年