ロフォガスター目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロフォガスター目
Gnathophausia zoea.jpg
トゲベニオオアミ(Gnathophausia zoea)
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: 軟甲綱 Malacostraca
亜綱 : 真軟甲亜綱 Eumalacostraca
上目 : フクロエビ上目 Peracarida
: ロフォガスター目 Lophogastrida
G. O. Sars, 1870

ロフォガスター目(Lophogastrida)は、フクロエビ上目甲殻類の分類である。遊泳性のエビに似た外見で、大部分は世界中の比較的深い外洋に生息する[1]

ほとんどの種は体長1から8cmであるが、オオベニアミは体長35cmにも達し、恐らくは最大の外洋甲殻類である[1]。3科9属[2]に56の現生種が知られている。ロフォガスター目の外見上の特徴には、柄のある複眼、頭節と胸節を覆う甲羅、筋肉でできた円錐形の腹節がある。甲羅はしばしば頭部を超えて伸び、を形成する。他のフクロエビ上目と同様に、ロフォガスター目はコエビ下目とは異なり、幼生を育児嚢の中で育て、プランクトン幼生の段階を欠く[3]

以前は、ロフォガスター目はアミ目の下目として分類されていたが、この分類は現在は廃止されている[1][2][4][5]。ロフォガスター目をアミ目から区別する特徴には、分子系統の他に[6]、腹肢に平衡胞を欠いていることや腹節に発達した二枝の遊泳肢を持っていることがある[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Richard C. Brusca & Gary J. Brusca (2003). Invertebrates (2nd ed.). Sunderland, Massachusetts: Sinauer Associates. ISBN 978-0-87893-097-5. 
  2. ^ a b Gary Anderson (2010年1月20日). “Peracarida taxa and literature (Cumacea, Lophogastrida, Mysida, Stygiomysida and Tanaidacea)”. 2014年2月5日閲覧。
  3. ^ J. H. S. Blaxter, F. S. Russell & M. Yonge, ed (1980). The Biology of Mysids and Euphausiids. Advances in Marine Biology. 18. Academic Press. pp. 1-680. ISBN 978-0-08-057941-2. 
  4. ^ Jan Mees (2011年). “Lophogastrida”. World Register of Marine Species. 2011年7月17日閲覧。
  5. ^ Joel W. Martin & George E. Davis (2001) (PDF). An Updated Classification of the Recent Crustacea. Natural History Museum of Los Angeles County. pp. 132 pp. http://atiniui.nhm.org/pdfs/3839/3839.pdf. 
  6. ^ Kenneth Meland & Endre Willassen (2007). “The disunity of "Mysidacea" (Crustacea)” (PDF). Molecular Phylogenetics and Evolution 44 (3): 1083-1104. doi:10.1016/j.ympev.2007.02.009. PMID 17398121. http://decapoda.nhm.org/pdfs/31293/31293.pdf. 

外部リンク[編集]