ロビン・レフラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロビン・レフラー(Robin Lefler)少尉は、アメリカのSFテレビドラマ『新スタートレック』に登場する架空のキャラクター。アシュレイ・ジャッドが演じる。

日本語版の声優は第102話『謎のタマリアン星人』では一城みゆ希、第106話『エイリアン・ゲーム』では川村万梨阿

概要[編集]

両親ともにプラズマの専門家として艦隊に勤めていた。そのため、彼女が子供の頃、家族は転任を繰り返していた。

USSエンタープライズDでは、ジョーディ・ラ=フォージ少佐の部下として機関室で働いていた。その時にウェスリー・クラッシャーと親しくなる。

第106話『エイリアン・ゲーム』ではウェスリーと協力し、エンタープライズのクルーをマインド・コントロールしようとした異星人の企てを阻止することに成功する。

ロビンの法則[編集]

ロビン・レフラーは全102条からなる「ロビンの法則」[1]を、ことあるごとに自ら引用する。ウェスリーが103番目の法則を付け足した。

『新スタートレック』本編で確認出来るのは以下の6条である。

  • 法則 1「頼れるものは自分だけ」
  • 法則 17「最後は自分を頼ること」
  • 法則 36「結果がすべてである」
  • 法則 46「人生は常に不公平」
  • 法則 91「背中に気をつけろ」
  • 法則 103「何万光年の距離も心は隔てられない」

なお、小説版『Star Trek: New Frontier』(後述)では、さらにいくつかの法則が付け足されている[2]

その後[編集]

ピーター・デイヴィッドによる小説版『Star Trek: New Frontier』シリーズで、U.S.S.エクスカリバーの航海士官としてブリッジ勤務。途中からThallonian帝国大使との連絡士官も兼ねる。階級は、著者の勘違いから当初は大尉とされていたが、その後、中尉に修正された[3]

同小説によると、ロビンの母は「Morgan Primus」[4]という名の不死身の女性である。

また、ファン創作映画『Star Trek: Hidden Frontier』にもレギュラーとして登場している。

脚注[編集]

  1. ^ 原語では「Lefler's Law」。
  2. ^ Memory Alphaの記事(外部リンク)を参照。
  3. ^ これについては、小説内では宇宙艦隊の手違いとして説明されている。
  4. ^ メイジェル・ロッデンベリーがモデル。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]