ロバート・R・マキャモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・R・マキャモン (Robert R. McCammon ,1952年 - )は、アメリカ合衆国の作家。スティーブン・キングディーン・R・クーンツに次ぐモダン・ホラー界の第三の男といわれた。初期は恐怖小説が中心だったが、のちに普通小説も発表している。

経歴[編集]

アラバマ州バーミングハム生まれ。アラバマ大学でジャーナリズム学を専攻。卒業後、職を転々としたのち、1978年に作家デビュー。現代の吸血鬼小説『奴らは渇いている』(1981年)で人気作家になった。しばらくスランプになったが、1987年発表の100万部を超えるベストセラーとなった『スワン・ソング』と1990年の『マイン』で、アメリカ・ホラー作家協会がその年に出版された最も優れたホラー小説に与えるブラム・ストーカー賞最優秀長編賞を2度受賞する。

作品[編集]

  • Baal (1978、未訳)
  • Bethany`s Sin (1980、未訳)
  • The Night Boat (1980) ナイト・ボート(角川ホラー文庫)      
  • They Thirst (1981) 奴らは渇いている(扶桑社ミステリー文庫)  
  • Mystery Walk (1983) ミステリー・ウォーク(創元推理文庫)    
  • Usher`s Passing (1984) アッシャー家の弔鐘(扶桑社ミステリー文庫) 
  • Swan Song(1987) スワン・ソング(創元推理文庫)       
    1987年度ブラム・ストーカー賞受賞
  • Stinger (1988) スティンガー(扶桑社ミステリー文庫)
  • The Wolf`s Hour (1989) 狼の時(角川ホラー文庫)          
  • Blue World (1989) ブルー・ワールド(文春文庫)
    個人短編集。1990年度世界幻想文学大賞受賞       
  • Mine (1990) マイン(文春文庫)            
    1990年度ブラム・ストーカー賞受賞 
  • Boy`s Life (1991) 少年時代(文春文庫)         
    1991年度ブラム・ストーカー賞受賞、1992年度世界幻想文学大賞受賞 
  • Gone South (1992)  遥か南へ(文春文庫)           
  • Speaks The Nightbird (2002) 魔女は夜ささやく(文藝春秋)       
  • The Queen of Bedlam (2007)
  • Mister Slaughter (2010)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]