ロバート・B・レイトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・B・レイトン(Robert B. Leighton, 1919年9月10日 - 1997年3月9日)はアメリカ合衆国の物理学者である。『ファインマン物理学』の編者であり、太陽の表面が周期約5分で振動しているのを発見した。

デトロイト生まれ。カリフォルニア工科大学で学び、博士号を得た。カリフォルニア工科大学で働き、1959年に物理学の教科書、 Principles of Modern Physics を著した。1960年代はじめのリチャード・P・ファインマンの物理学教程の講義の録音から、2年以上かけて編集した『ファインマン物理学』は1964年と1966年に出版され、世界的に評価の高い物理学の教科書となった。

全米科学アカデミーの会員であり、ジェット推進研究所の火星探査衛星マリナー4号マリナー6号と7号のチームリーダーを務めた。マイクロメータからミリメーターの波長域を分光する望遠鏡を製作し、また太陽の表面の周期約5分の振動を発見した。これが日震学の始まりとなった。レイトンの開発した観測機器は多くの天文台で使われるようになった。1988年にジェームズ・クレイグ・ワトソン・メダルを受賞した。

息子のラルフ・レイトン(Ralph Leighton)はファインマンの一連の著作の協力者で、「Tuva or Bust!」などを書いている。