ロバート・プーリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・プーリン英語: Robert Poulin)は、1975年オタワで銃撃事件を起こしたカナダの高校生。

事件の概要[編集]

1975年10月27日に、当時18歳のプーリンが通学していたオタワのセントピウス・エックス高校で北アメリカ初の校内銃乱射を起こした[1]

犯行の前に友人であるキム・ラボット(当時17歳)を強姦し、ナイフで刺して殺害した。その後、校内に立ち入ったポーリンはショットガンを彼のクラスメイト達に向けて発砲して5人を負傷させた後、自分自身に銃口を向け、自ら命を絶った[2]

出典[編集]