ロバート・プルイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・ヒューソン・プルイン
Robert Hewson Pruyn


任期
1862年5月17日 – 1865年4月28日
大統領 エイブラハム・リンカーン
前任者 タウンゼント・ハリス
後任者 ロバート・ヴァン・ヴォールクンバーグ

出生 1815年2月14日
US flag 15 stars.svg アメリカ合衆国
ニューヨーク州オールバニ
死亡 1882年2月26日(満67歳没)
US flag 38 stars.svg アメリカ合衆国
ニューヨーク州オールバニ
母校 ラトガース大学
職業 法律家将軍外交官政治家

ロバート・ヒューソン・プルインRobert Hewson Pruyn1815年2月14日1882年2月26日)はアメリカ合衆国オールバニ出身の法律家将軍外交官駐日アメリカ公使)、政治家である。

政治家、軍人、外交官としての経歴[編集]

プルイン家は、ニューヨークにおける最も古くまた最も尊敬されているオランダ系の一家であり、プルインが生まれた時点で、すでに200年以上オールバニに居住していた[1]。プルインは1833年ラトガース大学を卒業し、1836年には修士号を取得した。その後、オールバニで法律家としての修行を開始した[2]。また州の民兵としても活動し、1841年には軍の法務総監に任命され、その職を1846年まで勤め、また1851年にも同職についた[3][4]

ウィリアム・スワードの政治仲間であり親しい友人でもあったため、1848年から1852年まで、さらに1854年にはニューヨーク州下院のオールバニ地区選出のホイッグ党(共和党の前身)代議士を務め[5]1850年1月30日、下院議長のノーブル・エルダーキン(Noble S. Elderkin)が妻の病気の看病のため辞職すると、プルインは議長に選出された[2]。また、1854年にも議長に選出されている[6]。1855年、マイロン・クラーク(Myron Clark)州知事は、ジョン・ワッツ・ド・ペイスターに代わりプルインをニューヨーク州軍の州兵長官に任命した[3][7][8]。また、民兵組織においては准将の地位を得た。[9]

1861年国務長官となっていたスワードの個人的な要請に基づき、エイブラハム・リンカーン大統領はプルインを第2代の駐日米国公使に任命した。プルインは1865年までその任にあった。[10][11] 。プルインの日本における最大の功績は、下関戦争後の交渉であった。[12] 。彼の幕府との交渉は極めて成功であったと認識されている[13][14]

1865年ニューヨークに戻り、ウィリアムズ大学において法学博士号を取得した[2]。さらに、オールバニ国立商業信託銀行(National Commercial Bank and Trust of Albany)の頭取となり、またオールバニ法律学校(Albany Law School)の創立者の一人となった。[15]

1866年には、ニューヨーク州知事選挙に副知事候補として立候補したが落選した。[16]

1882年2月26日、オールバニにて急死した[17]

駐日米国公使としての活動[編集]

プルインは1862年5月17日文久2年4月19日)に将軍徳川家茂に謁見し、リンカーン大統領の信任状を提出した。

先任のタウンゼント・ハリスと同様、当初は欧州諸国とは異なる独自外交を行った。生麦事件後、イギリスフランスが武力を背景に江戸幕府と交渉を行ったが、プルインはこれに対して批判的であった。しかし、その砲艦外交が効果をあげるのを見たこと、さらに自国のワイオミングが日本に派遣されてきたことから、徐々に英仏との協調路線に転換していく。下関海峡で米国商船が砲撃されたことを知ると、プルインはワイオミングに報復攻撃を命じたが、これは日本に対する西欧諸国の最初の攻撃であった。四国艦隊下関砲撃事件の際、米国は適切な蒸気軍艦を日本近海に有していなかったため、蒸気商船タ・キアンをチャーターし、武装させて攻撃に参加させた。

なお、軍艦発注では問題を起こしている。1862年9月22日(8月29日)、老中板倉勝静水野忠精がプルインに軍艦の発注を相談した。江戸幕府は先任のタウンゼント・ハリスフリゲートコルベットをそれぞれ一隻発注していたが、南北戦争の勃発で実現していなかった。プルインは大型艦よりは小型艦を多数持つ方が良いと回答した。10月14日(閏8月21日)、最終的にコルベット2隻、ガンボート1隻と、蒸気機関駆動の砲身中ぐり盤がアメリカに発注された。1864年6月、富士山丸が完成したが、下関戦争の勃発によりリンカーン大統領は富士山丸の出航を差し止め、その他の軍艦の製造も中止された。結局、富士山丸が日本に到着したのは1866年1月23日(慶応元年12月7日)であった。プルーインは、この軍艦の製造業者として身内を使った疑惑があり、幕府に対してリンカーン大統領の指示の関する十分な説明もしなかったため、幕府の信頼を失なった。このため、アントン・ポートマンを代理公使とし、病気を理由に帰国した。

脚注[編集]

参考[編集]

その他参考図書[編集]

外部リンク[編集]