ロバート・フランケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・フランケルRobert J.Frankel1941年7月9日 - 2009年11月16日)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州を本拠地とする調教師である。馬主として競走馬の所有、生産者として競走馬の生産も行っている。

出生地はニューヨーク市ブルックリン区で、現在はカリフォルニア州パシフィックパリセーズ在住。愛称はボビー(Bobby)でボビー・フランケルと呼ばれることもある。

来歴[編集]

1960年代半ば、ベルモントパーク競馬場アケダクト競馬場でホットウォーカー(曳き運動係)として働き、1966年に調教師免許を取得。11月29日にアケダクト競馬場で管理馬が初勝利を挙げた。開業当時はクレーミングレースで安く良馬を購入して勝ち鞍を量産していた。

1972年、カリフォルニア州ロサンゼルス地区へ拠点を移し、同年ハリウッドパーク競馬場でレコードとなる60勝を挙げた。それ以降大レースを次々と制覇することとなる。

1981年、11月に行われた第1回ジャパンカップに出走するペティテートと共に初来日を果たし、管理馬の中央競馬初出走となった同競走は8番人気で4着だった。

1988年ジャパンカップペイザバトラーが制し、管理馬が中央競馬及び中央競馬GI競走初勝利を挙げた。この勝利はジャパンカップ初挑戦から3戦目のことだった。

1993年、アメリカのリーディングトレーナーとなり、エクリプス賞最優秀調教師を初受賞。

1995年パシフィッククラシック4連覇を達成。同年アメリカ競馬名誉の殿堂博物館殿堂入り。

2001年ブリーダーズカップ・スプリントスクワートルスクワートが制し、管理馬がブリーダーズカップ初勝利を挙げた。

2003年ベルモントステークスエンパイアメーカーが制し、管理馬がアメリカ三冠競走初勝利を挙げた。同年は北米年間レコードの1914万ドルを収得してリーディングトレーナーとなる。さらに同年の年間G1競走25勝は、1987年にウェイン・ルーカスが記録した北米記録の22勝、自身と2001年にエイダン・オブライエンが記録した世界記録の23勝を抜いて単独の世界新記録となった。

2005年フォアゴーハンデキャップ3連覇とイエローリボンステークス3連覇を達成。

2007年、11月にメイトリアークステークス4連覇を達成。

2009年11月16日、カリフォルニア州パシフィックパリセーズの自宅にて白血病のため逝去[1]

主な管理馬[編集]

G1競走優勝馬(管理時)
重賞競走優勝馬(管理時)
その他

主な生産馬[編集]

  • マストトラック(2008年ハリウッドゴールドカップ)

主な所有馬[編集]

  • マストトラック(2008年ハリウッドゴールドカップ)

主な表彰[編集]

  • アメリカリーディングトレーナー(3回)
  • 1993年、2002年、2003年
  • エクリプス賞最優秀調教師(5回)
  • 1993年、2000年、2001年、2002年、2003年
  • アメリカ競馬名誉の殿堂博物館(1995年)

人物・エピソード[編集]

  • ジャパンカップには多くの管理馬を出走させており、1981年(第1回)にペティテートが4着、1987年(第7回)にイアデスが6着、1988年(第8回)と1989年(第9回)にペイザバトラーが1着と3着、1992年(第12回)にクエストフォーフェイムが11着、1993年(第13回)にルアズーが11着、1994年(第14回)にレイントラップ13着、1999年(第19回)にマッシュワンを来日させたが故障して回避、2000年(第20回)と2001年(第21回)にティンボロアが11着と15着、2003年(第23回)にデノンが8着、2005年(第25回)にキングスドラマが16着とこれまで10頭を来日させ11戦で1勝している。しかし近年は低迷が続き掲示板すら載れていない。
  • ジャパンカップダートにもジャパンカップと同様に管理馬を積極的に出走させているが、2000年(第1回)にユーカーが8着、2001年(第2回)にリドパレスが8着、2008年(第9回)にマストトラックを来日させたが右肩跛行のため出走を取消と、これまで3頭を来日させ2戦しているが目立った結果を残せていない。なおジャパンカップとジャパンカップダート両方で出走取消経験のある調教師でもある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hall of Famer Bobby Frankel Dies at 68 - bloodhorse.com(英語)