ロバート・フィック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・フィック
Robert Fick
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州トーランス
生年月日 1974年3月15日(40歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手, 一塁手, 外野手
プロ入り 1996年 ドラフト5巡目でデトロイト・タイガースから指名
初出場 1998年9月19日
最終出場 2007年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ロバート・フィック(Robert Fick, 1974年3月15日 - )は、MLBの元選手。ポジション捕手一塁手外野手アメリカ合衆国カリフォルニア州トーランス出身。

経歴[編集]

右投げ左打ちの捕手として、1996年、ドラフト5巡目でデトロイト・タイガースに入団した。

1998年にメジャーリーグにデビューし、2001年には自己最高記録となる19本塁打を打つ活躍をした。外野手に転向した翌2002年にも活躍し、アメリカンリーグオールスター選手に選出された。

2003年に、アトランタ・ブレーブスと契約し、タイガースから移籍した。しかし、自己最高の80本のヒットを打ったにもかかわらず、シーズン末に解雇された。解雇された理由として、いわゆるダーティ・プレイが挙げられる。対シカゴ・カブス戦において、一塁を駆け抜ける際、ボールをとろうとしていた一塁手のエリック・キャロスの腕を叩いたことである。後に彼がその行為を故意に行ったことを認めたため、ブレーブスから25,000ドルの罰金が科せられ、また、マネージャーからも(金額は明らかにされていないものの)追加の罰金が科せられることとなった。

その後、2001年ごろと同じような活躍ができず、タンパベイ・デビルレイズサンディエゴ・パドレスワシントン・ナショナルズへと移籍することとなった。

選手としての特徴[編集]

打撃面では2001年から3年連続2桁本塁打を記録したようにパンチ力がある。守備面では捕手、一塁手、外野手と複数ポジションをこなせるという点が魅力だが、送球が不安定で肩も強くなく、守備範囲も狭いという弱点がある。

外部リンク[編集]