ロバート・ニスベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・アレグザンダー・ニスベット(Robert Alexander Nisbet、1913年9月30日ロサンゼルス - 1996年9月9日ワシントンD.C.)はアメリカ合衆国の保守派の社会学者歴史家

略歴[編集]

ニスベットは、フレデリック・J・テガート(Frederick J. Teggart)に師事し、カリフォルニア大学バークレー校にて学士号および学位を取得した。博士号を取得した1939年に、母校の社会学の講師に就任し、学者としての経歴をスタートさせたが、第二次世界大戦の勃発に伴って陸軍へ入隊、ヨーロッパ戦線へ派遣された。除隊後は、母校に社会学部を設立し、短期間ではあったが学部長を務めた。1953年にはバークレー校からカリフォルニア大学リバーサイド校へ移り、学部長や副総長などの要職を歴任した。1972年にはアリゾナ州ツーソンアリゾナ大学へと移り、そこで社会学ならびに歴史学を教授した。その後はコロンビア大学から、同大学において非常に名誉ある役職として知られるアルベルト・シュバイツァー教授職(Albert Schweitzer Chair)として招かれている。

1978年にコロンビア大学教授を辞任した後は、ワシントンD.C.のアメリカン・エンタープライズ研究所へ移って研究活動を継続したが、2年後には同研究所からも退職した。その後は、1996年の死の直前まで自らの研究の成果をまとめ、6冊の著作を世に送り出している[1]

評価[編集]

ニスベットは、保守派の社会学者としてかなり高い評価を受けており、The Public Interest誌が公表した「現代アメリカにおける最も高名な70人の知識人」のうちの一人に数え上げられている。彼は、ウィルモア・ケンドール(w:Willmoore Kendall)、ラッセル・カーク(w:Russell Kirk)、ケネス・ミノーグ(w:Kenneth Minogue)、マイケル・オークショット(Michael Oakeshott)、エドワード・シルス(w:Edward Shils)、リチャード・M・ウィーヴァー(w:Richard M. Weaver)らと同等にアメリカではかなり著名人であったが、日本では紹介される機会が少なく、認知度は低い。

彼の研究業績は政府関係者の間でも高く評価され、1988年には全米人文科学基金が後援するジェファーソン人文科学講演会(the Jefferson Lecture in Humanities)へ招聘されている[2]

著書[編集]

単著[編集]

  • The Quest for Community: A Study in the Ethics of Order and Freedom, (Oxford University Press, 1953).
安江孝司ほか訳『共同体の探求――自由と秩序の行方』(梓出版社, 1986年)
  • Community and Power, (Oxford University Press, 1962).
  • Emile Durkheim: Makers of Modern Social Science, (Prentice-Hall, 1965).
  • The Sociological Tradition, (Basic Books, 1966).
中久郎監訳『社会学的発想の系譜(1-2)』(アカデミア出版会, 1975年)
  • Tradition and Revolt: Historical and Sociological Essays, (Random House, 1968).
  • Social Change and History: Aspects of the Western Theory of Development, (Oxford University Press, 1969).
堅田剛訳『歴史とメタファー――社会変化の諸相』(紀伊國屋書店, 1987年)
  • The Social Bond: An Introduction to the Study of Society, (Alfred A. Knoph., 1970, 2nd ed., 1977).
南博訳『現代社会学入門(1-4)』(講談社[講談社学術文庫], 1977年)
  • The Degradation of the Academic Dogma: the University in America, 1945-1970, (Basic Books, 1971).
  • The social Philosophers: Community and Conflict in Western Thought, (Crowell, 1973).
  • The Sociology of Emile Durkheim, (Oxford University Press, 1974).
  • Twilight of Authority, (Oxford University Press, 1975).
  • Sociology as an Art Form, (Oxford University Press, 1976).
青木康容訳『想像力の復権』(ミネルヴァ書房, 1980年)
  • History of the Idea of Progress, (Basic Books, 1980).
  • The Social Group in French Thought, (Arno Press, 1980).
  • Prejudices: A Philosophical Dictionary, (Harvard University Press, 1982).
安江孝司・小林修一訳『人間論の社会学的視圏――「命題」小辞典』(文化書房博文社, 1988年)
  • Conservatism: Dream and Reality, (University of Minnesota Press, 1986).
富沢克谷川昌幸訳『保守主義――夢と現実』(昭和堂, 1990年)
  • The Making of Modern Society, (Wheatsheaf Books, 1986).
  • Roosevelt and Stalin: the Failed Courtship, (Regnery Gateway, 1988).
  • The Present Age: Progress and Anarchy in Modern America, (Harper & Row, 1988).
  • Teachers and Scholars: A Memoir of Berkeley in Depression and War, (Transaction Publishers, 1992).

編著[編集]

  • Social Change, (Harper & Row, 1972).

共編著[編集]

  • Contemporary Social Problems: An Introduction to the Sociology of Deviant Behavior and Social Disorganization, co-edited with R. K. Merton, (Brace & World, 1961, 2nd ed., 1966, 3rd ed., 1971, 4th ed., 1976).
  • A History of Sociological Analysis, co-edited with Tom Bottomore, (Basic Books, 1978).
高橋三郎井上俊監修『社会学的分析の歴史』(アカデミア出版会, 1981年-1989年)

脚注[編集]

  1. ^ ニスベットは、Psychology Today誌のインタヴューに答えて、自らの執筆活動を「強迫症的」であると評している。彼の精力的な執筆活動は社会学に留まらず、哲学歴史学にまで及び、かなり多数の著作・論文を残している。
  2. ^ この講演会へは、ロナルド・レーガン大統領の依頼を受けて行われたものとされている。

参考文献[編集]

  • ロバート・ニスベット(南博訳)『現代社会学入門1~4』(講談社学術文庫、講談社)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]