ロバート・スチーブンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・スチーブンソン

ロバート・スチーブンソンRobert Stephenson, 1803年10月16日 - 1859年10月12日)は、イギリス土木技術者。有名な鉄道技師であり蒸気機関車に関する技術者であったジョージ・スチーブンソンの一人息子。ジョージの業績とされているものの多くは、実際にはジョージとロバートの共同作業によるものである。

生涯[編集]

ロバート・スチーブンソンは、ニューカッスル・アポン・タインにあるブルース・アカデミーで基礎教育を受け、ニコラス・ウッドで見習い期間を過ごし、キリングワース炭鉱の管理を行った。エディンバラ大学に在学中、ストックトンダーリントン間に最初の鉄道を引く父親のプロジェクトに参加した。1823年には、父親やエドワード・ピースと共に、蒸気機関車を製造する会社である「Robert Stephenson & Company」を設立した。同社は初期の蒸気機関車の大半を製造し、20世紀中盤まで活動を続けた。

ロバートは、蒸気機関車のコンテストであるレインヒル・トライアルで優勝したロケット号の大部分を設計した。勢いづいた同社はさらにリバプール・アンド・マンチェスター鉄道レスター・アンド・スワニントン鉄道などの新設路線に向けて蒸気機関車を製造した。

1833年には最初にロンドン市内まで敷設された鉄道であるロンドン・アンド・バーミンガム鉄道の主任技術者となった。キルスビー・トンネルなど土木上の難工事が多かったが、1838年には開通した。

ロバートは有名な橋をいくつも建造した。ニューカッスルアポンタインにあるハイレベル橋メナイ海峡を横切る鍛鉄でできた箱型断面構造を採るブリタニア橋コンウェイにある同様の橋、ベリックアポントウィードにあるロイヤルボーダー橋などが彼の製作である。

国際的活動として、たとえば1851年から1853年まで、アレキサンドリアからカイロまでの鉄道を敷設した。鉄道は1858年に、スエズまで延長された。ちなみに文久遣欧使節は、ヨーロッパ上陸の前に、このエジプトの鉄道に乗車したわけである。

1847年から1859年に死去するまで、ホイットビー選挙区の保守党下院議員であった。1855年から2年間は土木工学技術者協会 (ICE) の会長を務めた。死後、ロンドンのウェストミンスター寺院に葬られた。

関連項目[編集]

  • スチームボーイ大友克洋監督のアニメ。キャラクターの一人としてロバートの名前がある。ストーリーはもちろんフィクションである。
  • リチャード・トレヴィシック:蒸気機関車を世界で最初に設計・製造した技術者。ロバートの幼少時代に面識があり、ロバートが1820年代にコスタリカにいたとき、ほぼ無一文となったトレヴィシックと再会し、帰国のための資金を援助した。

外部リンク[編集]