ロバート・グレイスミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロバート・グレイスミス(Robert Graysmith,1942年9月17日-)は、ノンフィクション作家フロリダ州ペンサコラ生まれ。

概要[編集]

彼の最初の名前はロバート・グレイ・スミスだったが、最初の妻と離婚したあとの1976年に姓を「グレイスミス」に変えた。サンフランシスコ・クロニクル紙で二人目の妻と出会い、結婚して一女をもうけたが、1980年の別居後、1983年に離婚。

サンフランシスコ・クロニクル紙に風刺漫画家として在籍しているときに、ゾディアック事件に遭遇し、関心を持つようになった。事件の捜査が行き詰まり、風化していくなかで粘り強く独自の調査を行い、1986年に「Zodiac」という本にまとめて出版、ベストセラーとなる。この本の中で、彼によって導き出された結論は論争の的になっているが、この問題についての第一人者と目されている。

1990年代、ニューヨークにおいて、ゾディアックの模倣犯が現れた際には、ニューヨーク・ポスト紙は、彼にコンタクトを取っていることからもその評価がわかる。

2007年、「Zodiac」を元にした映画が公開された。(監督・デヴィッド・フィンチャー) 2008年、脚本家ジェームズ・ヴァンダービルトと共にUSC Scripter Awardにノミネートされている。

作品リスト[編集]

  • Zodiac (1986年)
  • The Sleeping Lady : the trailside murders above the Golden Gate (1990年)
  • The murder of Bob Crane (1993年)
  • Unabomber : a desire to kill (1997年)
  • The bell tower : the mystery of Jack the Ripper finally solved in San Francisco (1999年)
  • Zodiac unmasked : the identity of America’s most elusive serial killer revealed (2002年)
  • Amerithrax : the hunt for the anthrax killer (2003年)

関連項目[編集]