ロバート・グラント・エイトケン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・グラント・エイトケン

ロバート・グラント・エイトケンRobert Grant Aitken1864年12月31日 - 1951年10月29日)は、アメリカ合衆国天文学者である。二重星の体系的調査を行い、多くの重星を発見し、重星の標準的星表を作成した。

1895年から1935年にわたってリック天文台で働いた。1930年から所長を務めた。 二重星の観測を行い3,100もの新しい二重星を発見した。1923年には恒星ミラの伴星を発見した。

主な業績は1932年に W. J. ハッセーとともにNew general catalogue of double stars within 120 deg of the North Poleを発行したことで、17,180個の二重星を収録している。1918年の著書 "The Binary of star" も重要な業績である。

息子のロバート・ベーカー・エイトケン(Robert Baker Aitken)は欧米の禅ブームを作った一人である。

受賞歴[編集]

命名