ロバート・クレイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・クレイス
(Robert Crais)
誕生 1953年6月20日(61歳)
アメリカ合衆国の旗 ルイジアナ州
職業 作家、脚本家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 ルイジアナ州立大学
活動期間 1987年 -
代表作 エルヴィス・コール・シリーズ
主な受賞歴 アンソニー賞(1988年)
シェイマス賞(1997年)
処女作 『モンキーズ・レインコート』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ロバート・クレイスRobert Crais1953年6月20日 - )は、アメリカ合衆国小説家。主にサスペンス、探偵小説を手がける。サンタモニカ在住。

来歴[編集]

ルイジアナ州バトンルージュ近郊のインディペンデンス出身。テレビドラマの脚本家としてキャリアをスタートし、『ヒルストリート・ブルース』、『女刑事キャグニー&レイシー』、『特捜刑事マイアミ・バイス』などを手掛けた。『ヒルストリート・ブルース』ではエミー賞にもノミネートされている(第21話「売春婦狩り」)。

1987年、初長篇『モンキーズ・レインコート』で作家デビュー。同作でアンソニー賞(1988年度 Best Paperback Original部門)及び、マカヴィティ賞(1988年度 Best First Novel部門)を受賞する。

2005年には、『ホステージ』がブルース・ウィリス主演で映画化された。

2010年には、PWAより功労賞を贈られている。

特徴[編集]

デビュー作以来、主としてロサンゼルスの私立探偵エルヴィス・コールを主人公としたシリーズを執筆。その相棒であるジョー・パイクと共に事件を追う姿を描いている。2007年の『天使の護衛』からは、ジョー・パイクを主人公に据えた新シリーズを開始。こちらにもコールは登場する。また2003年の『The Last Detective』以降には、単独作品『破壊天使』(2000年)の主人公キャロル・スターキーも登場している。

他にも、『天使の護衛』においてパイクが置き去りにした愛車チェロキーが、単独作品『The Two-Minute Rule』において主人公Max Holmanによって奪われるなど、すべての作品が共通の世界観に基づいている。

同じミステリー作家であるマイクル・コナリーと交流があり、ハリー・ボッシュ・シリーズの『暗く聖なる夜』にはエルヴィス・コールが、『The Last Detective』にはハリー・ボッシュの登場場面が描かれている。

主な作品[編集]

エルヴィス・コール・シリーズ[編集]

  • モンキーズ・レインコート ― ロスの探偵エルヴィス・コール(1989年 新潮文庫) The Monkey's Raincoat (1987)
  • 追いつめられた天使 ― ロスの探偵エルヴィス・コール(1992年 新潮文庫) Stalking the Angel (1989)
  • ララバイ・タウン ― ロスの探偵エルヴィス・コール(1994年 扶桑社ミステリー) Lullaby Town (1992)
  • ぬきさしならない依頼 ― ロスの探偵エルヴィス・コール(1996年 扶桑社ミステリー) Free Fall (1993)
  • 死者の河を渉る ― 探偵エルヴィス・コール(2000年 扶桑社ミステリー) Voodoo River (1995)
  • サンセット大通りの疑惑 ― 探偵エルヴィス・コール(2000年 扶桑社ミステリー) Sunset Expres (1996) - シェイマス賞長編部門受賞
  • Indigo Slam (1997)
  • L.A. Requiem (1999)
  • The Last Detective (2003)
  • The Forgotten Man (2005)
  • Chasing Darkness (2008)

ジョー・パイク・シリーズ[編集]

  • 天使の護衛(2011年 RHブックス・プラス) The Watchman (2007)
  • The First Rule (2010)
  • The Sentry (2011)
  • Taken (2012)

その他長編[編集]

  • 破壊天使(上・下巻 2002年 講談社文庫) Demolition Angel (2000)
  • ホステージ(上・下巻 2005年 講談社文庫) Hostage (2001)
  • The Two-Minute Rule (2006)


外部リンク[編集]