ロバーツ (モニター・2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Roberts (F40).jpg
艦歴
発注
起工 1940年4月30日
進水 1941年2月1日
就役 1941年10月6日
退役
その後 1965年にスクラップとして売却
除籍
性能諸元
排水量 7,970トン
全長 373.25 ft (113.77 m)
全幅 89.75 ft (27.36 m)
吃水 11 ft (3.4 m)
機関 パーソンズ式蒸気タービン、2軸推進、4,800 hp
最大速 12.5ノット (14.4 mph)
乗員 350名
兵装

ロバーツ (HMS Roberts, F40) は、イギリス海軍モニター艦ロバーツ級モニターの1隻。艦名はフレデリック・ロバーツ元帥に因む。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

ロバーツは1940年4月30日にクライドバンクジョン・ブラウン・アンド・カンパニーで起工し、1941年2月1日に進水、1941年10月6日に就役した。本艦の15インチ連装砲塔は第一次世界大戦時のモニター、マーシャル・スールト (HMS Marshal Soult) のものが再利用された。

1941年12月1日にロバーツはエレバスとともにイギリスを離れ、喜望峰を経由し、1942年2月26日にロバーツはスエズに到着した。ロバーツはそこで防空任務に就いた。

1942年8月17日にスエズを離れたロバーツは、ダーバンでの整備後、北アフリカでのトーチ作戦に参加するためジブラルタルへ向かい、11月2日に到着した。ロバーツは11月8日にアルジェへの、11月11日にはブージーへの上陸作戦に参加した。だが、2度とも艦砲射撃を行う機会は無かった。11月11日夕刻、ロバーツはJu 883機による攻撃を受け、3発中2発の500kg爆弾が命中し大きな損害を蒙った。ロバーツはイギリスに戻って修理を受けた。修理には1943年5月まで要した。

修理後はハスキー作戦アヴァランチ作戦ノルマンディー上陸作戦に参加した。

ロバーツは戦後間もなくスクラップとして売却されたが、海軍に買い戻されデヴォンポート海軍基地宿泊艦として1965年まで使用された。その後1965年7月にインバーキーシングでスクラップとして廃棄された。

ロバーツの搭載砲1門(元はレゾリューションの搭載砲)が、ラミリーズ (HMS Ramillies, 07) の搭載砲と共にロンドンインペリアル・ウォー・ミュージアムに展示されている。

参考文献[編集]

  • Ian Buxton, Big Gun Monitors Design, Construction and Operations 1941-1945, Seaforth Publishing, 2008, ISBN 978-1-84415-719-8

外部リンク[編集]