ロナルド・レーガン・ビルディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロナルド・レーガン・ビルディング正面

ロナルド・レーガン・ビルディング(英語表記Ronald Reagan Building)は、第40代アメリカ合衆国大統領であるロナルド・レーガンに因み名づけられた建築物。正式名称は、「The Ronald Reagan Building and International Trade Center」。合衆国首都ワシントンD.C.に位置し、国営・私営各部門への使用目的を意図して設計された、ワシントンD.C.初の連邦建築物である。

建築物概要[編集]

共通役務庁によって管理され、ワシントンD.C.において最も大きな面積を誇る建造物である。

建物はイオ・ミン・ペイの運営する建築会社がデザインした。当時連邦政府は1920年代に一帯の土地を購入したが、同建造物が完成する1998年まで開発が進められていなかった。

用途[編集]

国際貿易とグローバリゼーションの発展を推し進める目的として、米国議会から特権を与えられている建物でもある。米国国際開発庁米税関・国境警備局アメリカ国土安全保障省ウッドロウ・ウィルソン国際学術センター(通称ウィルソンセンター)などの本部が置かれている。また、会議や国際見本市、文化的催しや野外コンサートなども主催する。

歴史[編集]

立地[編集]

住所は1300 Pennsylvania Avenue, NWであり、オスカー・シュトラウス記念館の前方向に位置。また、ワシントンメトロのBlueまたはOrange Lineの、Federal Triangle Metro station真上に位置する。ここはかつてワシントンD.C.で酒場売春宿で溢れ返っていた「plague-spot(疫病流行地)」として名高い。

外部リンク[編集]