ロナルド・シャセット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロナルド・シャセット
Ronald Shusett
生年月日 1939年
出生地 ペンシルベニア州ピッツバーグ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ロナルド・シャセット[1]Ronald Shusett, 1939年 - )は、アメリカ合衆国脚本家及び映画プロデューサーペンシルベニア州ピッツバーグ生まれ。

略歴[編集]

リドリー・スコット監督のSFホラー映画『エイリアン』の原案をダン・オバノンと共に執筆するなど、以後同様にオバノンと共同で、多くの映画制作に関わっている。特にディック作品の映画化に熱心である。

大学時代、UCLAで舞台芸術を専攻していたシャセットは、舞台制作の仕事をしていた。SFや映画製作に興味もあった彼は、1974年頃に、フィリップ・K・ディックのSF短編小説「追憶売ります」(We Can Remember It For You Wholesale)に出会い、その映像化を試みようとしたのが映画製作に携わるきっかけのようだ。ジョン・カーペンターとオバノンが制作した自主製作映画『ダーク・スター』を観て、二人に連絡を取った。オバノンとシャセットは意気投合し、互いに構想していた『エイリアン』と『トータル・リコール』という映画の製作に乗り出すことになる。ただし、後者は16年の歳月と紆余曲折を経た1990年、ようやく完成した作品であった。

主な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 苗字の日本語表記はシュセット、シュゼットとも書かれていて統一されていない。

外部リンク[編集]

ロナルド・シャセット - インターネット・ムービー・データベース(英語)