ロドルフォ・グラツィアーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロドルフォ・グラツィアーニ
Rodolfo Graziani
RGraziani.jpg
生誕 1882年8月11日
イタリア王国の旗 イタリア フィレッティーノ
死没 1955年1月11日(満72歳没)
イタリアの旗 イタリア ローマ
所属組織 イタリア陸軍
イタリア社会共和国陸軍
軍歴 1903年 - 1945年
最終階級 陸軍元帥
テンプレートを表示

初代ネゲッリ侯爵ロドルフォ・グラツィアーニ(Rodolfo Graziani, Marchese di Neghelli、1882年8月11日 - 1955年1月11日)は、イタリア王国及びイタリア社会共和国の軍人、政治家。最終階級は陸軍元帥。

経歴[編集]

ラツィオ州フロジノーネ県フィレッティーノ医師の子として生まれる。当初は親の意向によりスビアーコの神学校に通っていたが、1903年、彼は軍人になることを決意する。

第二次世界大戦まで[編集]

モデナの陸軍士官学校を経て1904年5月1日に中尉に昇進し、1906年にローマの第1擲弾兵連隊に配属された。1908年にはエリトリアアラビア語ティグリニャ語を学んだ。1911年にヘビに噛まれてしまい、その治療に一年を費やした。伊土戦争に従軍したのち大尉に昇進、続く第一次世界大戦にも従軍し、いくつかの戦いを経験して1918年にイタリア軍史上最年少の36歳で大佐に昇進、若手将校として頭角を現す。1920年代にはリビアで起きていたリビア人の抗伊運動を鎮圧する任務に就き、オマル・ムフタールが指導していた抵抗運動を厳しく弾圧した。その容赦の無い苛烈な統治から「リビアの屠殺屋」と渾名される。1935年ソマリランド総督に着任したグラツィアーニは、程無く起きた第二次エチオピア戦争において精鋭の機械化師団を率い、エミーリオ・デ・ボーノ将軍のエリトリア方面軍と共にエチオピアへ侵攻する。グラツィアーニは機械化部隊を生かした機動戦によって幾度と無くエチオピア軍部隊を一方的に殲滅するが、デ・ボーノの慎重策もあって戦闘は長引いた。後任のピエトロ・バドリオ毒ガスや都市爆撃も厭わない強行軍で首都を早期に陥落させ、戦争は終結する。

第二次エチオピア戦争後、国王からネゲッリ侯爵(Marchese di Neghelli)の地位を与えられたグラツィアーニはエチオピアの占領統治を担当する。武装抵抗勢力の暗殺計画に晒されながらもリビア同様、徹底した武断統治で同地の支配を図った。

エジプト侵攻[編集]

イタロ・バルボが不審な事故死を遂げると、後任のリビア総軍司令官として北アフリカに赴任する。1940年にイタリアが英仏に宣戦すると、東アフリカ戦線への支援を目的としてエジプト侵攻が計画される。グラツィアーニは装備や補給の面から反対したがムッソリーニの意見は変わらず、止む無く指揮下の第23軍団8万名に進軍を命じる。英軍が戦略的撤退により補給事情を更に悪化させる中、グラツィアーニはシディ・バラーニで進軍を一時停止し、陣地を構築しながらムッソリーニに欠乏している機械化戦力や戦車戦力の提供を求めた。これはムッソリーニが相次いで命じたギリシャ遠征により反故にされてしまう。そして1940年12月9日から始まったイギリス軍の反攻作戦(コンパス作戦)により第23軍団は大打撃を受けてリビア国境へ後退、グラツィアーニはバルディアで第23軍団及び第21・22軍団を合流させて頑強に抵抗するが、連日の戦艦の砲撃や爆撃の前に軍は戦力をすり減らし、最終的には突破されてしまう。退却の際に包囲された第23軍団は2月5日の最後の突撃によって壊滅し、残りの軍勢と共にトリポリへ下がったグラツィアーニは敗北の責任を取って辞任した後、退役する。

軍への復帰[編集]

退役後は隠遁生活を送っていたグラツィアーニだったが、戦況悪化による反政府クーデターには否定的で、ムッソリーニとファシズムへの支持を取り下げる事も無かった。その後、クーデターにより失脚していたムッソリーニがイタリア社会共和国 (RSI)を樹立し、クーデターに参加した将軍らを次々と粛清する中、グラツィアーニはムッソリーニより国防大臣に任命される。グラツィアーニはドイツ軍の支援の下に新たな正規軍を組織しつつ、各地のファシスト義勇兵や旧政権時代の部隊をRSI義勇軍として戦力化していった。これらの部隊は軍集団リグリア」と名付けられ、雑多な装備しかない中でイタリア戦線をドイツ軍の支援部隊として支えた。またドイツ軍が戦力を本国防衛に割いていった大戦末期には多くの戦いを主力として戦い、連合軍を苦しめた。だが戦局は最早変わる状況下には無く、ムッソリーニの処刑によってRSI政府が崩壊するとRSI軍もまたその役目を終えた。そして総司令官であったグラツィアーニは戦犯として連合国に拘束され、「ナチスへの協力」という罪状で禁固19年を言い渡される。

戦後、連合国の恩赦により早期に釈放されたグラツィアーニはローマにて再び隠遁し、そのまま1955年に病没した。

対人関係[編集]

  • バドリオと不仲であったと伝えられており、RSIに身を投じたのはそうした感情があったからではないかと言われている。一方、バドリオはグラツィアーニを「優れた大隊長」と揶揄している。
  • RSI軍の総司令官であった関係から、イタリア社会運動ネオ・ファシスト系の政党。後の国民同盟自由の人民の源流の一つ)の後見人を務めた。

グラツィアーニを演じた俳優[編集]