ロドリゲスクイナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロドリゲスクイナ
保全状況評価
EXTINCT
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EX.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ツル目 Gruiformes
: クイナ科 Rallidae
: Aphanapteryx
: ロドリゲスクイナ
A. leguati
学名
Aphanapteryx leguati
和名
ロドリゲスクイナ
英名
Rodrigues Rail

ロドリゲスクイナ(学名:Aphanapteryx leguati)は、ツル目クイナ科に属する鳥類の1種である。

インド洋西部のロドリゲス島に生息していたが、すでに絶滅した。体色は灰色、飛べない。標本は残っていない。

絶滅の経緯[編集]

1691年にロドリゲス島にフランスから亡命した新教徒の一団が住み着いた。その一団の指導者がロドリゲスドードーその他の発見者でもあるから、ロドリゲスクイナもそのときに発見された可能性が高い。18世紀にフランスが本格的な植民を開始したしばらく後、1726年に絶滅した。原因はネズミなどによる食害と食用としての乱獲によるものとされる。肉は美味だったという。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

外部リンク[編集]