ロッソ (モーリタニア)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Rosso-mosquee2.jpg

ロッソ (Rosso) は、モーリタニア南部の都市。セネガルとの国境に位置する。トラルザ州の州都。アラビア語名はアル・クワリブ。モーリタニアで3番目に大きな都市である。

フランスの統治下では、モーリタニアとセネガルは同じフランス領西アフリカに属していたが、独立後にセネガル川が両国の国境となったため、セネガル川北岸がロッソ・モーリタニア、南岸がロッソ・セネガルと、町は二国間に分断された。

モーリタニアの首都ヌアクショットとセネガルの首都ダカールを結ぶ交通の要所であり、セネガル川を渡るフェリーで対岸のセネガルと結ばれている。