ロック・アラウンド・ザ・クロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロック・アラウンド・ザ・クロック」(Rock Around The Clock)は、1954年に発表されたアメリカポピュラー・ソング

作詞・作曲:ジェイムズ・E・マイヤーズ(James E. Myers)、マックス・C・フリードマン(Max C. Freedman)。

概要[編集]

「サニー・デイ・アンド・ヒズ・ナイツ」(Sonny Dae And His Knights)によって初めてレコーディングされ、1954年5月にアメリカで発売された(レコーディングは同年4月)、ビル・ヘイリー・アンド・ヒズ・コメッツによるシングルレコードが大ヒットした。

ビル・ヘイリー盤[編集]

ビル・ヘイリー盤は発売当初はヒットしなかったが、翌1955年映画暴力教室』のオープニングに使用されたことがきっかけで大ヒットし、アメリカのビルボードチャートで8週連続1位(Best Sellers In Stores)を記録した。

ロックンロールの最初で最大のヒット曲」とされ、ギネス・ワールド・レコーズの認定によれば、世界中で通算2500万枚(推定)を売り上げたとされる[1]

この曲のヒットをきっかけに、それまでポピュラー音楽の中でもマイナーな存在だったロックンロールがブレイクし、アメリカをはじめ世界中の若者の間に大ブームを巻き起こした。

明快な12小節のブルース進行、バックビートのリズムという当時のR&Bの基本要素を備えているが、演奏はまだジャズの色が抜けていない。しかしそれが白人による黒人音楽の解釈・融合という目新しい音楽「ロックンロール」であり、アメリカの多数派である白人のリスナーを引きつける要因にもなった。

「ロック時代」[編集]

チャート評論家のフレッド・ブロンソン(Fred Bronson)は、「ロック・アラウンド・ザ・クロック」がビルボードチャートで1位を記録した1955年7月9日以後を「ロック時代」(Rock Era)と呼んでいる。ロック時代の終わりがいつ頃なのかは諸説あり、はっきりしない。

なお、「ロック・アラウンド・ザ・クロック」は「ロックンロールで最初の全米(ビルボード)1位獲得曲」といわれることがある。しかし一部では、1954年にビルボード1位を獲得したクルー・カッツの「シュブーン」をそれとする見方もある[2]

日本での歌唱[編集]

ビル・ヘイリー盤がヒットしていた1955年に、日本では早くも江利チエミ音羽たかしの訳詞)とダーク・ダックス藤浦洸の訳詞)による競作シングルによって、日本語歌詞でカバーされている。

日本において「『ロック・アラウンド・ザ・クロック』がロックンロールのルーツで、ロックンロールの語源ともなった」と半ば定説のように語られていた事があったが、前述のとおりこの曲は「最初のヒット曲」であり、それ以前にもロックンロール自体は存在している。

また、2001年の「第51回NHK紅白歌合戦」のディズニーショーで、モーニング娘。によって本楽曲が歌唱された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ギネス世界記録 2010』ゴマブックス、2009年、29頁。ISBN 9784777115297
  2. ^ 八木誠(監修・著)『洋楽ヒットチャート大事典』小学館、2009年、10頁。ISBN 978-4-09-387811-1