ロジャー・メイソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロジャー・メイソン
Roger Mason
Roger Mason.jpg
名前
本名 Roger Philip Mason, Jr.
ラテン文字 Roger Mason
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1980年9月10日(33歳)
出身地 ワシントンD.C.
身長 196cm
体重 96kg
選手情報
ポジション SG
ドラフト 2002年 31位
経歴
2002-2003
2003-2004
2004-2005
2005-2006
2006-2008
2008-2010
2010-2011
2011-2012
2012-2013
2013-2014
シカゴ・ブルズ
トロント・ラプターズ
オリンピアコスBC
ハポエル・エルサレムBC
ワシントン・ウィザーズ
サンアントニオ・スパーズ
ニューヨーク・ニックス
ワシントン・ウィザーズ
ニューオーリンズ・ホーネッツ
マイアミ・ヒート

ロジャー・メイソンRoger Philip Mason, Jr., 1980年9月10日 - )はアメリカ合衆国ワシントンD.C.出身のバスケットボール選手。ポジションはガード。196cm、93cm。現NBA選手会副会長。

経歴[編集]

ヴァージニア大学に3シーズン在籍した後、2002年のNBAドラフトシカゴ・ブルズから全体31位で指名されNBA入りした。1年目に肩の手術を行った為、ブルズでは20試合の出場に留まり、2年目の2003-04シーズン途中にリック・ブランソンと交換でトロント・ラプターズへ放出される。3年目のシーズンも開幕ロスターに入ったが、2004年12月に解雇された。

その後、2005年1月にギリシャリーグのオリンピアコスと契約し、翌シーズンはイスラエルリーグのハポエル・エルサレムBCでプレイした。2006年9月にワシントン・ウィザーズと契約しNBAに復帰した。

2008-2009シーズンよりサンアントニオ・スパーズに移籍。主力選手に怪我人が続出した穴を埋める活躍を序盤戦で見せた。レギュラーのエマニュエル・ジノビリが故障がちであった為、後半戦もスターターとして出場する機会も多く平均11.8得点、3.1リバウンド、2.1アシストと自己最高の成績を残しチームの地区優勝に大きく貢献した。チームの危機を勝負強いシュート力でたびたび救い期待以上の活躍を見せた。

2010年8月にニューヨーク・ニックスに移籍後、翌年ワシントン・ウィザーズに戻った。

2012年8月3日、ニューオーリンズ・ホーネッツと契約を交わした。

2013年9月27日、マイアミ・ヒートに移籍。

2014年2月20日、 サクラメント・キングスに移籍も、即解雇された。今季25試合に出場、平均10.4分、3.0点、フィールドゴール成功率37.3%を記録。ヒートとは昨年9月27日にフリーエージェントとして契約していた。

プレースタイル[編集]

ガードの選手としては平均以上のシュートレンジ、得点能力を誇っている。反面アシスト能力は一試合平均2以下であり、平均よりかなり下のランクである。

外部リンク[編集]