ロシル・カルデロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシル・カルデロン
Rosir Calderón
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 キューバの旗 キューバ
生年月日 1984年12月28日(29歳)
出身地 キューバの旗ハバナ
ラテン文字 Rosir Calderón
身長 191cm
体重 66kg
選手情報
所属 トルコの旗 ガラタサライ・ダイキン
ポジション WS
スパイク 330cm
ブロック 325cm
 
獲得メダル
Flag of Cuba.svg キューバ
オリンピック
2004 アテネ 女子バレーボール
テンプレートを表示

ロシル・カルデロン(Rosir Calderón Diaz, 1984年12月28日 - )は、キューバの女子バレーボール選手。ハバナ出身。ポジションはウイングスパイカーバレーボールキューバ女子代表

来歴[編集]

父は2005年から2006年のナショナルチームの監督であり、母もかつてのキューバ代表のミドルブロッカーで活躍した経験がある。

キューバ代表のエースでポジションはサイドアタッカー。世界最高到達点からスパイクを打ち下ろす。

アテネ五輪で銅メダルを獲得した。2006世界選手権ではベストスパイカーを獲得した。 2007年ワールドカップ2008年北京オリンピックに出場した。

2011-12シーズンよりガラタサライへ移籍し、2012-13シーズンの欧州チャンピオンズリーグでベスト4進出に大きく貢献した。現在は佐野優子とチームメイトである。

所属[編集]