ロシア郵便

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシア郵便のロゴ
モスクワにある郵便局
ロシアの官製切手付封筒(2006年)、左下にあるのがロシアのマークセンス方式の郵便番号記入欄である

ロシア郵便(ロシア語: Почта России, Pochta Rossii)とは、ロシアで郵便事業を行う公共事業体である。約39万人の職員が雇用されており、約4万の郵便局がある。

歴史[編集]

ロシアにおける郵便事業は古くから行われており、1874年に創立された万国郵便連合(UPU)の元加盟国のひとつである。1902年からはロシア内務省傘下の一部局になっていたが、1917年に発足したロシア臨時政府は電信電話事業も管理する郵電省(日本のかつての逓信省に相当)に改組された。この体制はソビエト連邦発足後も継続された。大祖国戦争(第二次世界大戦)では、大変危険な状況を克服し前線に7000万通の郵便物を送達した。

ソ連崩壊後の1993年情報・通信省の一部局に改組されていたが、2002年に公共事業体の改革が行われ、現在の組織となった。

郵便番号[編集]

ロシアにおいても、ソ連時代から郵便番号が導入されている。また郵便番号を自動読み取り区分機にかけるために、郵便番号を記入する欄があるが、機械の読み取りをしやすくするために字体を制限するマークセンス方式が採用されている。

外部リンク[編集]