ロシア語アルファベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大文字のロシア語アルファベット
(ロシア語アルファベットの発音)

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。
この項目には国際音声記号 (IPA)が含まれています詳細

ロシア語アルファベットロシア語: русский алфавит、ラテン文字転写:rússkij alfavít)はロシア語で用いられるアルファベットである。ロシア語アルファベットはキリル文字を使用して表記され、10世紀の第一次ブルガリア帝国の時代にプレスラフ書記学校英語版で考案されたとされている。現代のロシア語アルファベットは33文字からなる。

アルファベット[編集]

ロシア語アルファベットを以下に示す。

ブロック体 筆記体 名前 古名 IPA 対応する英語の発音 Unicode
Аа 01-Russian alphabet-А а.svg а
[a]
азъ
[as]
/a/ father 1 U+0410 / U+0430
Бб 02-Russian alphabet-Б б.svg бэ
[bɛ]
буки
[ˈbukʲɪ]
/b/もしくは/bʲ/ bit U+0411 / U+0431
Вв 03-Russian alphabet-В в.svg вэ
[vɛ]
вѣди
[ˈvʲedʲɪ]
/v/もしくは/vʲ/ vine 2 U+0412 / U+0432
Гг 04-Russian alphabet-Г г.svg гэ
[ɡɛ]
глаголь
[ɡlɐˈɡolʲ]
/ɡ/ go 3 U+0413 / U+0433
Дд 05-Russian alphabet-Д д.svg дэ
[dɛ]
добро
[dɐˈbro]
/d/もしくは/dʲ/ do 4 U+0414 / U+0434
Ее 06-Russian alphabet-Е е.svg е
[je]
есть
[jesʲtʲ]
/je/もしくは/ ʲe/ yet 5 U+0415 / U+0435
Ёё 07-Russian alphabet-Ё ё.svg ё
[jo]
/jo/もしくは/ ʲo/ yolk U+0401 / U+0451
Жж 08-Russian alphabet-Ж ж.svg жэ
[ʐɛ]
живѣте
[ʐɨˈvʲetʲɪ][1]
/ʐ/ pleasure U+0416 / U+0436
Зз 09-Russian alphabet-З з.svg зэ
[zɛ]
земля
[zʲɪˈmlʲa]
/z/もしくは/zʲ/ zoo 7 U+0417 / U+0437
Ии 10-Russian alphabet-И и.svg и
[i]
иже
[ˈiʐɨ]
/i/もしくは/ ʲi/ me 8 U+0418 / U+0438
Йй 11-Russian alphabet-Й й.svg и краткое
[i ˈkratkəɪ]
и съ краткой
[ɪ s ˈkratkəj]
/j/ yes U+0419 / U+0439
Кк 12-Russian alphabet-К к.svg ка
[ka]
како
[ˈkakə]
/k/もしくは/kʲ/ kitten 20 U+041A / U+043A
Лл 13-Russian alphabet-Л л.svg элもしくはэль
[el]もしくは[elʲ]
люди
[ˈlʲʉdʲɪ]
/l/もしくは/lʲ/ lamp 30 U+041B / U+043B
Мм 14-Russian alphabet-М м.svg эм
[ɛm]
мыслѣте
[mɨˈsʲlʲetʲɪ][2]
/m/もしくは/mʲ/ map 40 U+041C / U+043C
Нн 15-Russian alphabet-Н н.svg эн
[ɛn]
нашъ
[naʂ]
/n/もしくは/nʲ/ not 50 U+041D / U+043D
Оо 16-Russian alphabet-О о.svg о
[о]
онъ
[on]
/o/ more 70 U+041E / U+043E
Пп 17-Russian alphabet-П п.svg пэ
[pɛ]
покой
[pɐˈkoj]
/p/もしくは/pʲ/ spell 80 U+041F / U+043F
Рр 18-Russian alphabet-Р р.svg эр
[ɛr]
рцы
[rtsɨ]
/r/もしくは/rʲ/ 巻き舌のr 100 U+0420 / U+0440
Сс 19-Russian alphabet-С с.svg эс
[ɛs]
слово
[ˈslovə]
/s/もしくは/sʲ/ see 200 U+0421 / U+0441
Тт 20-Russian alphabet-Т т.svg тэ
[tɛ]
твердо
[ˈtvʲɛrdə]
/t/もしくは/tʲ/ stool 300 U+0422 / U+0442
Уу 21-Russian alphabet-У у.svg у
[u]
укъ
[uk]
/u/ boot 400 U+0423 / U+0443
Фф 22-Russian alphabet-Ф ф.svg эф
[ɛf]
фертъ
[fʲɛrt]
/f/もしくは/fʲ/ face 500 U+0424 / U+0444
Хх 23-Russian alphabet-Х х.svg ха
[xa]
хѣръ
[xʲɛr]
/x/ hat 600 U+0425 / U+0445
Цц 24-Russian alphabet-Ц ц.svg це
[tsɛ]
цы
[t͡sɨ]
/t͡s/ sits 900 U+0426 / U+0446
Чч 25-Russian alphabet-Ч ч.svg че
[tɕe]
червь
[t͡ɕɛrfʲ]
/t͡ɕ/ chip 90 U+0427 / U+0447
Шш 26-Russian alphabet-Ш ш.svg ша
[ʂa]
ша
[ʂa]
/ʂ/ sharpに近い。(無声そり舌摩擦音 U+0428 / U+0448
Щщ 27-Russian alphabet-Щ щ.svg ща
[ɕɕa]
ща
[ɕt͡ɕa]
/ɕɕ/ sheer(時にfresh cheeseの音で発音される)、無声歯茎硬口蓋摩擦音 U+0429 / U+0449
Ъъ 28-Russian alphabet-ъ.svg твёрдый знак
[ˈtvʲordɨj znak]
еръ
[jer]
無音、続く子音を硬口蓋化させない役割を果たす U+042A / U+044A
Ыы 29-Russian alphabet-ы.svg ы
[ɨ]
еры
[jɪˈrɨ]
[ɨ] rosesもしくはsilly(非円唇中舌狭母音 U+042B / U+044B
Ьь 30-Russian alphabet-ь.svg мягкий знак
[ˈmʲæxʲkʲɪj znak]
ерь
[jerʲ]
/ ʲ/ 無音、続く子音を硬口蓋化させる役割を果たす(発声学的に可能であれば) U+042C / U+044C
Ээ 31-Russian alphabet-Э э.svg э
[ɛ]
э оборотное
[ˈɛ əbɐˈrotnəɪ]
/ɛ/ met U+042D / U+044D
Юю 32-Russian alphabet-Ю ю.svg ю
[ju]
ю
[ju]
/ju/もしくは/ ʲu/ use U+042E / U+044E
Яя 33-Russian alphabet-Я я.svg я
[ja]
я
[ja]
/ja/もしくは/ ʲa/ yard U+042F / U+044F
1917年-1918年に廃止された文字
Іі і десятеричное
[i]
/i// ʲi/もしくは/j/ иもしくはйのように発音 10 U+0406 / U+0456
Ѳѳ ѳита
[fʲɪˈta]
/f/もしくは/fʲ/ фのように発音 9 U+0472 / U+0473
Ѣѣ ять
[jætʲ]
/e/もしくは/ ʲe/ еのように発音 U+0462 / U+0463
Ѵѵ ижица
[ˈiʐɨtsə]
/i/もしくは/ ʲi/ 通常はиと同じ、を参照。 U+0474 / U+0475
1750年以前に廃止された文字
Ѕѕ зѣло
[zʲɪˈlo][3]
/z/もしくは/zʲ/ зのように発音 6 U+0405 / U+0455
Ѯѯ кси
[ksʲi]
/ks/もしくは/ksʲ/ ксのように発音 60 U+046E / U+046F
Ѱѱ пси
[psʲi]
/ps/もしくは/psʲ/ псのように発音 700 U+0470 / U+0471
Ѡѡ омега
[ɐˈmʲeɡə]
/o/ оのように発音 800 U+0460 / U+0461
Ѫѫ юсъ большой
[jus bɐlʲˈʂoj]
/u/, /ju/もしくは/ ʲu/ уюのように発音 U+046A / U+046B
Ѧѧ юсъ малый
[jus ˈmɑlɨj]
/ja/ or / ʲa/ яのように発音 U+0466 / U+0467
Ѭѭ юсъ большой іотированный
[jus bɐlʲˈʂoj jɪˈtʲirəvənnɨj]
/ju/もしくは/ ʲu/ юのように発音 U+046C / U+046D
Ѩѩ юсъ малый іотированный
[jus ˈmɑlɨj jɪˈtʲirəvən.nɨj]
/ja/もしくは/ ʲa/ яのように発音 U+0468 / U+0469

子音を表す文字の発音には弱く発音する文字(硬口蓋化, IPA記号では⟨[ʲ]⟩と表す)と強く発音する文字がある。子音の後ろに母音が続く場合、子音の音声の強弱は続く母音が強く発音する文字 ⟨а, о, э, у, ы⟩ であるか、弱く発音する文字 ⟨я, ё, е, ю, и⟩ であるかによって決まる。詳しくは母音の項を参照。さらに、いくつかの子音の発音には弱形と強形を区別するものが存在する。詳しくはロシア語の発声法英語版を参照。

文字名[編集]

1900年頃までは、教会スラヴ語より受け継いだ名前が使用されていた。1708年に制定された名前で、1918以前の正書法に見られた。

ロシア人の詩人アレクサンドル・プーシキンは次のように記している。"アルファベットを構成する文字名称は何も生み出していない。Аз, буки, веди, глаголь, доброなどは独立した単語であり、語頭にその文字が使用されている単語名を選んで文字名に当てているに過ぎない。" しかし、アルファベットの最初の文字の名前を並べると文章の形式をとっているように見え、初学者のためいろは歌のようにアルファベットを覚えやすくために構成し文字に名称を与えたのではないかと考えられている。

以下に文字の並びに対しデコードを試みた一例を示す。

аз буки веди 私は文字を知っている
глаголь добро есть "単語は財産"
живете зело, земля, и иже и како люди "生き、誠心誠意働けば、周りの人々は従ってくれるだろう"
мыслете наш он покой "周りの世界を理解しようとしなさい"
рцы слово твердо "しっかり知識を運用しなさい("単語"はここでは"知識"を指す)"
ук ферт хер "知識は創造主により醸成された物、知識は神の贈り物"
цы червь ша ер ять ю "勉学に励みなさい、創造主の御光を理解するために"

この文字配列の最初の2行は文字名に当てられている単語の意味となんとか対応しているものの、以降の行に関しては贋作もしくは当初は作成されていなかったのではないかと考えられている。例えば、"покой"("平和" や "静けさ"を表す)という単語は"周りの世界"を意味しないし、"ферт" はロシア語や他のスラヴ語派では意味を成さない(スラヴ語派のもととなった言語にはфで始まる単語がなかった)最後の行で意味を成す文字列は"червь"(ワーム)のみであるが、これは実際の意味と対応していない。


文字名を定めて「いろは歌」のようなものを構成したこの配列はもう一つ違う表現のものがあり、こちらには1750年代なかばまでに廃止された文字も含まれている。

原語表記 ラテン文字転写 翻訳
А(в)се буквы ведая глаголить – добро есть. Живет зло (на) земле вечно и каждому людину мыслить надо о покаянии, речью (и) словом твердить учение веры Христовой (в) Царствие Божие, чаще шептать, щтоб (все буквы) (вз)ятием этим усвоить и по законам божьим стремиться писать слова и жить A(v)sye bukvy vyedaya glagolit' – dobro yest'. Zhivyet zlo (na) zyemlye vyechno i kazhdomu lyudinu myslit' nado o pokayaniyi, ryech'yu (i) slovom tverdit' uchyeniye vyery Khristovoy (v) Tsarstviye Bozhiye, chashchye sheptat', shchtob (vsye bukvy) (vz)yatiyem etim usvoyit' i po zakonam bozh'im stremit'sya pisat' slova i zhit') これらの文字をすべて知ることは会話に美徳を与えるものである。悪徳は地球上に永遠に蔓延るものであり、各々はキリストや神の国の信仰を心に固く誓い懺悔しなければならない。神の法に則って文字を記し生活するため、この文章を繰り返し口ずさみすらすらと発音できるようにせよ。

発声しない文字[編集]

  • 子音の後に挿入して強勢を表す (⟨ъ⟩) は続く口蓋化した母音と子音を分離する役割を果たし、/j/の音価を持つ。今日では主に接頭辞と続く音を分離するために用いれている。1400年ごろには失われたとされる原音では、非常に短い中間シュワーのような音であったとされ、音価は/ŭ/だが[ə][ɯ]のように発音したとされる。
  • 弱い (⟨ь⟩) は前の子音が硬口蓋化されていることを示す役割を果たす。これはロシア語発音の硬口蓋化という点で重要である。例えば、брат [brat](兄弟)とбрать [bratʲ] (to take)の違いである。原音は1400年頃に失われ、非常に短い弱化母音/ĭ/もしくは[ɪ][jɪ]のように発音したとされる。現代ロシア語でもこの音の名残が見られ、МарьяМария (Mary) のように、意味は同じだが発音が異なる名前が共存している。

母音[編集]

母音の ⟨е, ё, и, ю, я⟩ においては前の子音が硬口蓋化するが、⟨и⟩ では口蓋化し、語頭に来る場合や後ろに別の母音が続く場合は/j/)となる。19世紀には口蓋化されるようになった。上で示したIPA母音はガイドラインに過ぎず、実際には異なる発音がなされる場合もあり、とくに強勢の有無において異なる事が多い。しかし、⟨е⟩ は外来語に対し硬口蓋化されることなく使用され、/e/の音で発音される。どの語がこの規則に当てはまるのかについては実際の例で学習する必要があり(一般的に子音の後ろで⟨э⟩ を用いることは少ない)、⟨я⟩ は弱い子音の間ではмяч(ボール)のように、しばしば[æ]と発音される。

ы⟩は古スラヴ祖語では緊張中間母音であり、他のスラヴ語派の言語よりも現代のロシア語において発音の原型が残っていると考えられている。この文字は元々は特定の位置において発音を鼻員化させる役割を果たしていた(例: камы [ˈka.mɨ̃]; камень [ˈka.mʲɪnʲ](岩))。この文字は以下のように合字で表記されるようになったものである。⟨ъ⟩ + ⟨і⟩ → ⟨ъı⟩ → ⟨ы⟩

э⟩は硬口蓋化していない/e/と硬口蓋化しているものを区別するために1708年に導入された。元々の使用法では⟨е⟩は/e/が非口蓋化したもので、⟨ѥ⟩もしくは⟨ѣ⟩が口蓋化した発音を表していたが、⟨ѥ⟩は16世紀までに使用が廃止された。ロシア人が話すロシア語においては⟨э⟩は単に語頭でのみ見られる文字だが、外国人の名前やアエロフロート (Аэрофлοτ) など外国語を起源とするブランド名などの単語を表記する際はこの限りでない。

ё⟩は1797年にニコライ・カラムジンにより導入され、1943年にソビエト連邦教育省により公式な文字となった[4]/jo/の発音を表し、歴史的には/je/の発音に強勢が置かれる場合の文字として生まれたものである。⟨ё⟩は文字として表記する場合には「オプション」の文字となる。公式には⟨e⟩が/je//jo/の音の両方を表す。20世紀には⟨ё⟩の役割を⟨e⟩に含ませるような試みが何度か行われたが、全て無駄に終わっている。

1918年に廃止された文字
文字 文字名 説明
і イー・ス・トーチコイ и⟩と発音が同一であり、他の母音や⟨й⟩(Й)の前で使用された(例:⟨патріархъ[pətrʲɪˈarx], 家長)。また、 ⟨міръ[mʲir], 世界)とその同音異義語である[5][6]миръ[mʲir] 平和) を区別するためにも用いられた。
ѳ フィター ギリシア語Θに由来する。発音は ⟨ф⟩ と同一だが、ギリシア語起源の外来語などに用いられた(例: ⟨Ѳёдор⟩ "Theodore")
ѣ ヤーチ 本来は異なる発音だったが、18世紀半ばまでに⟨е⟩ と同じ発音となった。1918に廃止されて以降、この文字は旧正書法の政治的なシンボルとされた。
ѵ イージツァ ギリシア語Υに由来し、通常の発音は ⟨и⟩ と同じ。ビザンツ帝国時代にはギリシア語からの外来語に対し使用されていた。1918年、使用例が非常にまれになったため廃止された。18世紀の綴りでは、母音の後において⟨в⟩の代わりに使用されていた、例として、ギリシア語起源の接頭辞⟨аѵто⟩は現在では ⟨авто⟩と表記する。

1750年までに廃止された文字[編集]

ѯ⟩ と ⟨ѱ⟩ はギリシア語アルファベットのΞΨに由来し、 18世紀までギリシア語からの外来語に対して使用されていた。現在でも教会スラヴ語では使用されている。

ѡ⟩ はギリシア語アルファベットのΩに由来し、 ⟨о⟩ と発音が同一である。18世紀までギリシア語からの外来語に対して使用されていた。現在も教会スラヴ語で使用されており、教会スラヴ語においては両者は明確に区別されている。

ѕ⟩はよりarchaic /dz/の発音に対応し、中世より既に東スラヴ語派では見られない発音であったが、伝統的に特定の語の表記に対し18世紀まで使用されていた。現在では教会スラヴ語で使用されている。

ユスと呼ばれる⟨ѫ⟩と⟨ѧ⟩は、本来鼻音化された母音/õ//ẽ/に相当するものとして使用されていたが、言語的な再構築を経る中で中世には東スラヴ語派では使用されない発音となっていた。しかし、他のキリル文字とともに18世紀まで導入されていた。⟨ѭ⟩と⟨ѩ⟩は20世紀までには全く見られない発音となった。⟨ѫ⟩はギリシア語からの外来語に対して16世紀まで使用されていた。しかし、その後パスハ主日字英語版から外れた。⟨ѫ⟩と⟨ѧ⟩は17世紀には廃止されたものの、教会スラヴ語では現在も使用されている。

ѧ⟩は単語の語頭以外の部分では口蓋化された/ja/я⟩ の音価に対応していた。現在の⟨я⟩は17世紀の草書体と形が同じであり、1708年の文字改革まで使用されていた。

1708年まで、iotatedされた/ja/は語頭では⟨ıa⟩と表記されていた。⟨ѧ⟩と⟨ıa⟩の区別は現在も教会スラヴ語において残っている。

上記の表において「18世紀に廃止された」とされる文字は1708年に通常公式なアルファベットから取り除かれたと述べられることが多いが、実際の事情はより複雑である。これらの文字はピョートル1世により発行された西ヨーロッパスタイルのセリフフォントによる印刷の表から取り除かれた。当初は現在の⟨й⟩ も廃止される文字に含まれていたが、ロシア正教会からの圧力によって撤回することになった。しかし、大衆的に広まったことで1750年までにはこれらの文字は使われなくなった。

外来音の扱い[編集]

ロシア語は歴史的に他言語から音を借用することがあったため、現在のロシア語では使用されていない音を扱った様々な慣習が存在する。例として、ロシア語アルファベットには[h]の音はないが、英語やドイツ語からの借用語にはこの音が含まれており(特に固有名詞に多い)、日常的に使用される単語にこの音が含まれている。表記は年代によって異なり、比較的早く取り入れられたгаллюцинация [gəlʲutsɨˈnatsɨjə] (hallucination) といった単語ではhの音に ⟨г⟩ を当て/g/と発音するが、近年になって使用されるようになった単語、例えばхобби [ˈxobʲɪ] (hobby) では⟨х⟩を用い、/x/と発音する[7]

似たような例として、元の言語では[θ]で発音していた単語を借用語として取り入れる際、Тельма (Thelma) のように/t(ʲ)/)で発音するが、Фёдор (Theodore) や Матве́й (Matthew) のように早期に入ってきた単語に対しては/f(ʲ)//v(ʲ)/の音で発音している。

また、借用語には一定の傾向がある。例として、フランス語やドイツ語からの借用語に関しては、硬口蓋子音や軟口蓋子音は/u/の前で弱く発音する。例えば、ドイツ語のKüchelbeckerはロシア語ではКюхельбе́кер [kʲʉxʲɪlˈbɛkʲɛr]となる[8]

数記法[編集]

数記法で用いられる単語は古代ギリシアの数記法と似ており、⟨ѕ⟩はディガンマ、⟨ч⟩はコッパ、⟨ц⟩はサンピという名前で使用されていた。このシステムは1708年に廃止されたが、教会スラヴ語では現在も使用されている。

ダイアクリティカルマーク[編集]

ロシア語のスペルには多くのヨーロッパで使われているダイアクリティカルマークはあまり用いられていない。本来の意味での唯一のダイアクリティカルマークはスペイン語でも用いられているような、母音に強勢の記号を付加するアキュート・アクセント ⟨◌́⟩ (ロシア語: знак ударения、強勢記号)である。ロシア語の単語の強勢はしばしばラテン文字使用言語で見られる強勢の位置とは異なり、ダイアクリティカルマークは特殊な用途にのみ使用されている。辞書や児童書、外国人ロシア語修得者のための教本では、ミニマル・ペアは強勢によってのみ区別されている(例: за́мок 城 vs. замо́к ロックする)。稀に、一般的でない外来語の強勢を置く箇所を示すために使用されたり、詩の音韻に合わせるため通常とは異なる位置に強勢を置く場合などに用いられている。

ё⟩は⟨е⟩と近縁関係にあり、ロシア語の表記では区別しないこともあるが、ウムラウトのような上部の記号は他のロシア語アルファベットでは用いられていない。この文字に関しては、外来語を除き常に強勢が置かれるため、強勢記号はつかない。

ё⟩の場合とは異なり、⟨й⟩ は⟨и⟩とは全く異なる文字であり、母音ではなく、ダイアクリティカルマークを付加されて生まれた文字でもない。

ロシア語キーボード[編集]

ロシア語のキーボードの文字配列は以下のとおり。

ロシア語用キーボード

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ живете Толковый словарь русского языка Ушаковаドミトリー・ウシュコフ英語版のロシア語辞典、; еёの違いについても解説している。 cf.: ёлка).
  2. ^ мыслете, Толковый словарь русского языка Ушаковаより。(ドミトリー・ウシュコフ英語版のロシア語辞典)
  3. ^ ФЭБ
  4. ^ Benson (1960:271)
  5. ^ Vasmer (1979); ロシア語のмирの語源は露英オンライン辞書を参照。
  6. ^ Smirnovskiy (1915:4)
  7. ^ Dunn & Khairov (2009:17-18)
  8. ^ Halle (1959:73)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]