ロシアの帝位請求者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシア帝国の国章

ロシアの帝位請求者では、1917年の2月革命によって消滅したロシア帝国皇帝の後継者を名乗る人物について述べる。誰が現在のロシア帝位請求権者であるかについては、議論がある。

帝位請求者[編集]

キリル・ウラジーミロヴィチ(1924年 - 1938年)[編集]

ロシア皇族の大半は、皇帝ニコライ2世とその家族の処刑の報を聞いても、信じようとしない態度を取ったり、あるいは皇帝一家の死を受けて何らかの政治行動を起こすのを躊躇していた。しかし、パリを中心に亡命ロシア人の君主制支持者組織が形成されるようになっていった。一部の君主制支持者は、ニコライ2世と息子のアレクセイ皇太子、および皇弟ミハイル・アレクサンドロヴィチ大公が処刑されたいま、帝位継承権第1位となっていたキリル・ウラジーミロヴィチ大公(アレクサンドル2世の孫)の元に結集した。君主制支持者の中でキリル大公を支持しない人々の多くは、キリルとその弟たち(いわゆるウラジーミル分家)は帝位継承者として不適格であるとして、存命中の皇族男子の中では継承順位でウラジーミル分家に次ぐ位置にいた若いドミトリー・パヴロヴィチ大公(アレクサンドル2世の孫)を支持した。また別の一派は、老齢のニコライ・ニコラエヴィチ大公(ニコライ1世の孫)を指導者と仰いだ。ニコライ大公は長く軍人として活躍し、ロシア帝国軍最高司令官をも務めた経歴や、皇族中の最長老という威厳も持ち合わせていた。

ニコライとドミトリーは実際に帝位請求者となることを表明することはなかったが、キリルは1922年8月8日に「ロシア帝位の保護者」の称号を名乗った。そして2年後の1924年8月31日に、全ロシアの皇帝キリル1世となることを宣言したのである。キリルは自分が皇帝になったことを前提にして、3人の子供たちに「ロシア大公」ないし「ロシア大公女」の称号を名乗らせた。しかしキリルの子供たちは実際に統治者であった皇帝の曾孫に過ぎないため、生まれながらに名乗れるのは「ロシア公」ないしは「ロシア公女」の称号のはずであった。帝政復辟運動にキリル大公よりも本格的に関わっていたニコライ大公は1929年に死去した。キリルはフランスに亡命宮廷を置き、ロシアの君主制支持組織の発展に力を注いだ。

ウラジーミル・キリロヴィチ(1938年 - 1992年)[編集]

1938年にキリルが死去すると、その一人息子ウラジーミルがロシア帝位請求者の地位を継承したが、ウラジーミルは公的には皇帝の称号は使わず、「大公」として知られた。

1939年、ウラジーミルはキリルと自分の支持者であった皇族のガヴリール・コンスタンチノヴィチ公にロシア大公の称号を与えた。ガヴリールは皇帝ニコライ1世の曾孫に過ぎないため本来ならば大公を名乗る権利はなかった。このため大公称号の授与は、18世紀にエリザヴェータ・ペトロヴナ女帝が姉の息子カール・ペーター・ウルリヒ(後のピョートル3世)にロシア大公の称号を与えた例を踏襲する形で行われた。

ウラジーミル分家の支持者たちは「ウラジーミル・キリロヴィチ大公は1917年以後も帝位継承法の規定する対等な結婚の条件を満たした唯一の皇族男子である」と主張している。1948年8月13日、ウラジーミルはグルジア王家家長の地位を主張していたギオルギ・バグラティオニ=ムフラネリ公爵の娘レオニーダと結婚した。バグラティオニ家の王族としての地位は1783年にロシア帝国政府がグルジアと結んだゲオルギエフスクの和約によって保証されており、さらにウラジーミルは1946年12月5日に同和約に明示されたバグラティオニ家の地位を再確認していた。

1969年、ウラジーミル分家の男系血統が自分を最後に絶えることを見越したウラジーミルは、一人娘のマリヤ・ウラジーミロヴナを「ロシア帝位の保護者」の地位につけることを発表した。この措置は、マリヤがゆくゆくは帝位継承者となることを意味していた。この決定は、以前からウラジーミルに反感を持っていた他のロシア皇族たちや君主制支持組織の怒りにふれた。この宣言が出た直後、ロマノフ家の3つの分家の当主であるフセヴォロド・イオアノヴィチ公(コンスタンチン分家、ニコライ1世の玄孫)、ロマン・ペトロヴィチ公(ニコライ分家、ニコライ1世の曾孫)、アンドレイ・アレクサンドロヴィチ公(ミハイル分家、ニコライ1世の曾孫)はウラジーミルに書簡を送り、ウラジーミルの称号を「大公」ではなく「公」としたうえで、ウラジーミルの結婚も1917年以後の他のロシア皇族たちがしたのと同じ貴賤結婚に過ぎず、従ってレオニーダは他のロシア皇族の配偶者と同じ身分しか持たないと通告した。手紙にはまたマリヤ・ウラジーミロヴナをロシア大公女とは認めないこと、ウラジーミルが出した宣言は帝位継承法に照らせば違法であることも述べられていた。

1989年にロマノフ家協会総裁であった皇族のヴァシーリー・アレクサンドロヴィチ公が死去すると、ウラジーミルは直ちに娘のマリヤを帝位継承者とした。ウラジーミルにとって、ヴァシーリーはロシア皇族としての身分に瑕疵がないと認めうるロマノフ家最後の男性であった。ヴァシーリーが死んだ今、帝位継承権において自分の直系であるマリヤより優位な立場にある人間は1人も存在しなくなった、とウラジーミルは認識したのである。

マリヤ・ウラジーミロヴナ(1992年 - )[編集]

ウラジーミルが1992年に死去すると、マリヤ・ウラジーミロヴナがロシア帝室家長の座を引き継ぐことを宣言し、自らの息子ゲオルギー・ミハイロヴィチ推定相続人とした。ゲオルギーはマリヤが1976年から1985年まで結婚していたプロイセン王子フランツ・ヴィルヘルムとの間にもうけた一人息子で、父称の「ミハイロヴィチ」は、フランツ・ヴィルヘルムが舅ウラジーミルから「ロシア大公ミハイル・パヴロヴィチ」のロシア皇族名を与えられていたことに由来している。マリヤと息子ゲオルギーはそれぞれ「ロシア大公女」「ロシア大公」の称号を使用している。

ニコライ・ロマノヴィチ(1992年 - )[編集]

1979年、ウラジーミル・キリロヴィチに反対する7人のロシア皇族たちがロマノフ家協会を創設し、同年の暮れにロマノフ家とその縁者からなる同協会のメンバーの半数以上(ロマノフ家の男系子孫のみに限れば大多数)の同意を得て、「ウラジーミルはその両親の不法な結婚により帝位継承権を持たないとする」という決定を行った。当然ながらウラジーミルと娘のマリヤは同協会に参加することはなかった。協会はマリヤの息子ゲオルギー・ミハイロヴィチについても、ロマノフ家の一員とは認めないとしている。

1989年に総裁のヴァシーリー・アレクサンドロヴィチ公が没すると、協会は次の総裁に、ロマン・ペトロヴィチ公とロシア貴族出身の妻と間に生まれた長男のニコライ・ロマノヴィチ・ロマノフ公を選んだ。ロシア国家に対するロマノフ家協会の公式見解は、「ロシア人は自らの望む形の政体を選択すべきであり、それがもし君主政体であるならば、ロマノフ家にロシア君主となる資格がある」というものである。しかし1992年4月にウラジーミル・キリロヴィチが死去すると、「ロシア公」の儀礼称号を使用するニコライ・ロマノヴィチは自らがロマノフ家家長となることを宣言し、正統なロシア帝室家長の座をめぐってマリヤ・ウラジーミロヴナと競合することになった。ニコライ・ロマノヴィチは、マリヤ・ウラジーミロヴナを除いたロマノフ家全員の家長である。

ロシア帝位請求者(1924年以後)[編集]

肖像 名前 生没年 付記
Kirill Vladimirovich Romanov.jpg
"キリル"
キリル・ウラジーミロヴィチ・ロマノフ
1924年8月31日 - 1938年10月12日
1876年10月12日 - 1938年10月12日 ロシア大公。アレクサンドル2世の三男ウラジーミル・アレクサンドロヴィチ大公の次男。
Vladimir Cyrillovich, Grand Duke of Russia.JPG
"ウラジーミル"
ウラジーミル・キリロヴィチ・ロマノフ
1938年10月12日 - 1992年4月21日
1917年8月30日 - 1992年4月21日 ロシア大公。キリルの息子。
Sin foto.svg
"マリヤ"
マリヤ・ウラジーミロヴナ・ロマノヴァ
1992年4月21日 -
1953年12月23日 - ロシア大公女。ウラジーミルの娘。家長位をめぐってニコライ3世と競合状態にある。
Sin foto.svg
"ニコライ3世"
ニコライ・ロマノヴィチ・ロマノフ
1992年4月21日 -
1922年9月26日 - ロシア公。ニコライ1世の三男ニコライ・ニコラエヴィチ大公の曾孫。家長位をめぐってマリヤと競合状態にある。

関連項目[編集]