ロゴス・ホープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロゴス・ホープ
キール港に停泊中のロゴス・ホープ
キール港に停泊中のロゴス・ホープ
基本情報
船籍 1973年-1983年:スウェーデンの旗 スウェーデン
1983年–2011年:フェロー諸島の旗 フェロー諸島
2011年- :マルタの旗 マルタ[1]
運航者 1973年-1976年:Öresundsbolaget
1976年–1980年:Saga Line
1980年–1983年:TT Saga Line英語版
1983年–2004年:Smyril Line英語版
2004年- :GBA Ships
建造所 ノビスクルークドイツレンズブルク
建造番号: 678
IMO番号 7302914
改名 1973年-1983年:グスタヴ・ヴァサ
1983年–2003年:ノローナ
2003年-2004年:ノローナI
2004年-:ロゴス・ホープ
要目
総トン数 12,519トン
長さ 132.5m
21.06m
喫水 5.22m
デッキ数 9層
推進 可変ピッチプロペラ 2基
バウスラスター 1基
主機 SWD 6TM 410 RR 6気筒ディーゼルエンジン 4基
搭載人員 船客 442名
テンプレートを表示
トースハウン港における「ノローナ」(ロゴス・ホープの前身)1997年

ロゴス・ホープ (Logos Hope) はOM傘下のドイツの宣教団体であるグーテ・ブッヘル・フール・アレ英語版(Gute Bücher für Alle, GBA)が保有する大型船である。

1973年にスウェーデンマルメとドイツのトラフェミュンデを結ぶフェリー「グスタヴ・ヴァサ」として建造され、のちにフェロー諸島へのフェリー「ノローナ」として運航されたのちにGBAが購入した。

チリの海岸で座礁した「ロゴス」、当船と代替で引退した「ロゴス2」、2009年にシンガポールに売却された「ドゥロス」に続き、GBAが保有する4隻目の船である。

5年以上の期間をかけて完全に改装された。

乗組員・スタッフは約45か国から集まったボランティアで、GBAに所属し、2年間船上で生活する。

航海[編集]

一般的に2週間寄港し、世界各地の港から港へと1年中続けて航海する。GBAのウェブサイトで寄港地が示されている[2]

洋上書店として児童書・専門書など約50万冊の本を積む。各寄港地では本を販売するほか、イベントなどを実施している。

歴史[編集]

1973年にスウェーデンのマルメとドイツのトラフェミュンデを結ぶカーフェリー「グスタヴ・ヴァサ」として就航し、10年間運航された。1983年4月にフェロー諸島のフェリー会社である Smyril Line 社に売却され、「ノローナ」と改称された。毎年夏にはフェロー諸島の中心都市トースハウンからシェトランド諸島ラーウィックノルウェーベルゲンデンマークハンストホルムアイスランドセイジスフィヨルズルに運航し、冬には他社のオーバーホールの日程をカバーするため貸し出された。Smyril Line 社が2003年に新しい「ノローナ」を導入すると、この古い船は「ノローナ1」となり、売りに出された。審議、点検、祈りのあと、現在の所有者であるGBAが2004年3月に購入した[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ Technical Specifications”. GBA Ships. 2011年11月6日閲覧。
  2. ^ Logos Hope Schedule - Gute Bücher für Alle

関連項目[編集]

外部リンク[編集]