ロウバイ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロウバイ科
Chimonanthus praecox.jpg
ロウバイの花とつぼみ
分類
: 被子植物門 Magnoliophyta
以下の分類はクロンキスト体系による
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン綱 Magnoliidae
: クスノキ目 Laurales
: ロウバイ科 Calycanthaceae
学名
Calycanthaceae
Lindl. (1819)
クロバナロウバイ属の一種 Calycanthus floridus

ロウバイ科(蝋梅科、Calycanthaceae)は、双子葉植物綱クスノキ目に属する植物の科である。東アジアとアメリカ合衆国に4属12種が分布する。落葉または常緑の低木または小高木で、単葉対生し、花弁おしべが螺旋状に配列する。花に香りがある物が多い。

漢字で蝋梅と書くが、バラ科ウメとは無関係。

代表的な種[編集]

  • ロウバイは、古くから庭木として栽培されている。
  • クロバナロウバイ属 Calycanthus も比較的栽培しやすく、見かけるようになった。

分類[編集]

ロウバイ科の中に4属を認める場合には、以下のようになる。

外部リンク[編集]

  • Calycanthaceae in Watson, L., and Dallwitz, M.J. 1992 onwards. The families of flowering plants: descriptions, illustrations, identification, and information retrieval. Version: 29th July 2006 http://delta-intkey.com/angio/